So-net無料ブログ作成

イズナーが4年連続で1000本のサービスエース! [TENNIS IMAGE]

【通算11,898本のエースは、イボ・カルロビッチ選手の13,508本に次ぐ歴代2位
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/isner-1000-aces-tribute
上海マスターズの3回戦でイズナーはジョコビッチに敗れてしまいましたが、この試合でも9本のサービスエースを決め、4年連続ATPツアーで1.000サービスエースを達成。通算6年で1.000エース達成はゴラン・イワニセビッチに並ぶ大記録だそうです。また、通算11,898本のエースはイボ・カルロビッチの13,508本に次ぐ歴代2位の記録とのこと。愛称は「ビッグジョン」通算6回の明細は(2010.12.13.16-18)で、年末のエースリーダーとしてシーズンを終了しています。また2010年に1試合あたり17エースを平均しましたが、2018年には22に増え、34才にしてまだまだ進化しているとレポートされています。

【キャリア・サービスエースの本数】
①カルロビッチ/13.508本 ②イズナー/11.898本 ③:フェデラー/11.225本です。
(身長:211㎝)     (身長:208㎝)     (身長:185㎝)

【そのイズナーが有明でのフェデラーとのエキシビションで相手になることが決定】
02.jpg
今年のマイアミの決勝戦はこのふたりが戦いました。写真は友人のカメラマン“佐藤ひろしさん”からいただいたものです。圭サンのケガでの欠場でいったい誰が来るのか?NOBUにご来店になった皆さんと毎回話題になりましたが、アンディー・マレーでなく、ディミトロフでもなく、シャポバロフでもなく、ジョン・イズナーで決まりました。対戦では、7-6.6-7でファイナルは10ポイントのマッチタイブレーク突入し(10-8でイズナーがフェデラーに花を持たせる)というシナリオを描いてみました。さてその結果は?