So-net無料ブログ作成

ティプサレビッチが引退 [YouTube Tennis]

【35才になったセルビア人のティプサレビッチが遂に引退です】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/tipsarevic-sugita-stockholm-2019-friday
ヤンコ・ティプサレビッチは1984年セルビア・ベオグラード生まれの35才。6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で本格的にトレーニングを積み、2002年にプロに転向し、04年からグランドスラムでプレーする選手に。自己最高ランキングは2012年に記録した8位。ジョコビッチの台頭前にセルビア人選手として活躍したティプサレビッチ。14年は5月に踵にできた良性の腫瘍を切除する手術を2度受け、ツアーを離脱。本人のコメントでは「カカトの8割を切除」する大掛かりな手術だったそうで、その後復帰、ケガなどを繰り返していましたが、今年を最後に引退すると発表していて、今週行なわれたストックホルムオープンでは2回戦で第1シードのフォニーニを下しましたが、昨日の準々決勝で杉田祐一にファイナルタイブレークの末に敗れ、ラケットをおきました。長い間の活躍お疲れさまでした。ちなみに錦織圭サンとの対戦成績は、ティプサレビッチから5勝0敗という相性で、圭サンの行く手を阻まれた大きな壁でもありました。

【ベストショット集】

粘り強いストローカーというイメージですが、ネットプレーも多彩でした。

【どの選手の刺青がすごいかを選手たちにインタビューしています】

ティプサレビッチの左腕にくっきり彫られているのは「美しさが世界を救う」という日本語の文字なのはご存知の方も多いと思います。ドストエフスキーの小説「白痴」からの引用とのこと。日本では反社会的な方々という意味合いのある「Tatoo」ですが、彫り物をしている選手の多いこと多いこと。ワウリンカがいちばんだったようです。そのワウリンカの彫り物を商品化してしまったのがNOBUのこのデザインです。

【気にすることはない。前より上手に失敗すればいい】
02.jpg
https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2016-01-23
ワウリンカの左腕に彫られているのはこの言葉です。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160