SSブログ

ドミニク・ティエムが引退を表明 [YouTube Tennis]

【大好きな選手のひとり、ティエムが引退を発表しました】
thiem.jpeg

ティエムは、1993年9月オーストリア・ウィーナー・ノイシュタット生まれの30歳。両親がテニスコーチの家庭に生まれ、6歳でテニスを始める。14歳の時にジュニアとしてのキャリアをスタートさせ、2011年の全豪オープンジュニア男子ダブルスでベスト8。全仏オープンジュニア男子シングルスで準優勝ののち2012年にプロに転向。2013年にはITFサーキット2大会、チャレンジャー2回の優勝を飾りATPランキングを139位にまで上げました、2020年には全米オープンで悲願の初優勝。その後慢性的な足のケガ、手首の故障など相次ぎトーナメントから離脱。何度も復帰を目指したましたが、5月10日自身のSNSを通しこのシーズン限りで現役を引退すると発表しました。キャリアでは自己最高位はシングルス3位、ダブルス67位。ATPツアーでシングルス17勝。残念すぎる引退ですが、勇気ある引退です。
※画像はツアーの仲良しのディエゴ・シュワルツマンとローランギャロの練習コートで。

【動画はフェデラー、ナダル、ジョコビッチとの対戦中のナイスショット集です】

フェデラーに続いて片手バックハンドの名手の引退。お手本が少なくなっていきます。
一番印象に残っている試合は2019年のインディアンウェルズのマスターズでフェデラーを破って初優勝した時でしょうか。当時は25歳の若者が王者に立ち向かう勇敢さを感じた時かな。グランドスラム決勝でビッグ3になかなか勝てず、苦しみを味わい自らのケガから必死に戦っていた姿を見てきたファンとしては、、彼はきっと良い指導者になるのではないかと思っています。これからも観客席で姿が見られることに期待します。