SSブログ

テニスのオープン化以降でのツアー最多勝利者 [TENNIS IMAGE]

【ランキング制度発足後の最多勝利者はなんとマルチナ・ナブラチロワです】
title.jpeg

テニスでは1968年にプロ選手がグランドスラムに出場できるようになり、1973年に現行のATPランキング制度が始まった以降を「Open Era/新しい時代」と称しています。歴史では最初のオープン大会は、4月に開催された1968年英国ハードコート選手権で、その1か月後に初のオープングランドスラム大会である1968年全仏オープンが続いたところから始まります。そして最多勝の1位は何とナブラチロワ。そして第2位はクリス・エバート、男子で最多勝なのがジミー・コナーズ、続いて4位はシュテフィ・グラフ、次いでロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチと続きます。
【ちなみに通算獲得タイトル数の男子選手でこの後に続くのは】
94勝: イワン・レンドル
92勝: ラファエル・ナダル
77勝: ジョン・マッケンロー
72勝: ロッド・レーバー
66勝: ビョルン・ボルグ
64勝: イリー・ナスターゼ
    ピート・サンプラス
62勝: ギレルモ・ビラス
60勝: アンドレ・アガシ
49勝: ボリス・ベッカー
48勝: スタン・スミス
46勝: アンディ・マレー
44勝: トーマス・ムスター
41勝: ステファン・エドバーグ

【面白がって調べてみた、最多勝利試合数では】
1274勝: ジミー・コナーズ
1251勝: ロジャーフェデラー
1101勝: ノバク・ジョコビッチ
1075勝: ラファエル・ナダル
1068勝: イワン・レンドル  と通算1.000勝以上の皆さんでした。
欧米人はデータ、数字が大好きですが、ボクも大好きです。また何かやってみます。
※データは2024年ローマのマスターズまでの数字です。