SSブログ

佐藤文平さんが技術本を上梓しました [Tennis Books]

【「テニス 上達へ導く理論&メカニズム 必勝メソッドの理解と実践」というタイトル】
bunpei.jpeg

文平さんご本人からのコメントは以下の通り
テニスは奥の深い、とても面白いスポーツです。相手から飛んでくるボールのコース、球種(速度・回転数・回転軸)はバラエティーに富み刻々と変化します。
そのボールを自分が狙ったところに打ち返すためには、球種の予測、俊敏なフットワーク、正しいボディーワークをマスターすることが大切です。運動の原理・原則とメカニズムを理解して、ゆっくり、ていねいに積み上げながら学習していけば、運動が苦手な人でも間違いなく上達することができるはずです。
私は学生時代、全日本学生テニスチャンピオンになるために、どんなボールにでも追いつくことができる素早いフットワークと強靭な体力にフォーカスして「質より量」を重視した練習を行っていました。その結果、私の守備力は飛躍的に向上し、対戦相手は粘り負けし、自滅するといった試合展開で学生日本一になることができました。
その後、グランドスラム大会で活躍することを夢見て、プロテニス選手として国内外のATP・ITFトーナメントを転戦しました。そこで痛感したことは、グランドスラムのステージで戦うためには、フットワーク、体力、打球技術に加えて戦略・戦術そして強靭なメンタルといった総合的な競技能力が必須条件だということでした。
本著では、自身がプロテニス選手として最高のパフォーマンスを発揮するために実施してきた練習やトレーニング法に加えて、現在のトップ選手が実際に行っている練習法をスポーツ科学研究から得たデータを用いて解説させて頂きました。テニス上達を目指す全ての方々の気づきや閃きに役立つ一冊になればと想いを込めました。佐藤文平。

【本文からの抜粋ですが、こんなに細かいことから気合を入れさせてくれます】
bunpei02.jpg
目次は以下の通りです
https://www.mates-publishing.co.jp/archives/30276
☆PART1 ラケットとグリップの関係性
* ラケットの進化とともにプレースタイルも進化する
* ラケットの操作性が高まりストロークの精度もアップする
* グリップの握り方によってボールの打ち方が変わる
* かきあげるようなスイングで強いトップスピンをかける
* ボールに合わせるのではなく自分のポイントで打つ・・・など

☆PART2 再現性の高いストローク
* 軸足の向きを意識して打点の位置に入る
* 下半身や体幹からの力を腕、ラケットに伝える
* 上半身をしっかり捻ってパワーをため込む
* 大きなGRFを得るために拇指球で地面を蹴る
* 前足の内側で力を受け止める・・・など

☆PART3 サーブ&レシーブの精度をあげる
* 段階を踏んだプロセスでサーブをレベルアップ
* 安定したサーブを打ってゲームをスタートする
* スピードアップしながら強いサーブを打つ
* ラケットワークを簡素化してサーブの確率をあげる
* 正しいトスでサーブの確率をアップ・・・など

☆PART4 効果的なポイントのとり方
* 相手サーバーの傾向を知ってサーブを予測する
* ゲーム中に布石を打って大事な場面で回収する
* 肩を支点として送り出すように打つ
* ヒジを視点にしてパンチ気味に打つ
* コンパクトにスイングしてネット際でボレーを決める

文平さんは現在明治大学に勤務していますが、今年からオーストラリア・ブリスベンの Griffith university にて在外研究をしておられます。また島袋将選手のマネージメントもされていて、元気に活躍しています。
この本はきちんと読んで、自分のテニスのレベルアップにつなげたいですね。