SSブログ
前の20件 | -

NOBUのゲームウエア/着用例です [INFORMATION]

【NOBU TENNIS TEAM メンバーの清水奎吾にモデルになってもらいました】
01.jpg
滋賀県の光泉高校から亜細亜大学テニス部ではキャプテンを務めた清水奎吾クンは、大学卒業後に神奈川県の白鵬女子高校の教員となり、現在は強豪テニス部の顧問を務めています。今年も3月には全国高校選抜に出場し、今月行なわれた高校総体の神奈川予選では、団体戦で優勝し、ダブルス2組とシングルスで1名がインターハイ出場を決めました。そんな奎吾クンが主に練習で着用するウエアはNOBU PRO MODELで、一昨日ご来店の際にモデルになっていただき、着用例を撮影しました。まだまだ笑顔に緊張感がありますが、お察しください。1例目はストレッチ素材のウォームアップの上下セットです。
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-11-29
        :https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-11-28
※モデルは身長178センチで「L」サイズを着用しています。

【総柄の’“ウッドランド”の白には紺のストレッチ・ハーフパンツ】
02.jpg
ウッドランド柄のシャツには、無地のパンツです。白には紺、紺には白がおススメです。
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2022-04-17
        :https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2021-08-08

【プロモデルのシャツとパンツのセットです/いちばんオーソドックスな組み合わせ】
03.jpg
05.jpg
プロモデルの「N-マーク・シャツ」は全部で7色のカラーバリエーション。シャツと同じドライ素材で作ったハーフパンツは全部で3色。ワンポイントを合わせることで様々な色遊びを楽しむことが出来ます。※モデルは身長178センチで、シャツは「L」パンツは「M」サイズを着用しています。たっぷり缶が好きではない方にはこのようなサイズチョイスもありですね。※ちなみにキャプテン小野田賢は上がLで、下はXLを選ぶこともあります。
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2017-02-04
        :https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2017-02-03

【長袖シャツも5色でお作りしています】
04.jpg
1枚あると便利な長袖ドライシャツです。様々なシーンで重宝するはずです。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBU 40th Anniversary Fair 開催中 “記念Tシャツをプレゼント!”

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2020-03-24

ツォンガが惜しまれつつ引退 [YouTube Tennis]

【ツォンガがローランギャロスで引退を決めました】
002.jpg
パリではワイルドカードが与えられ登場した“ジョー”、残念ながら1回戦でルードに敗れ彼の競技人生が幕を閉じました。敗戦後のコートでは送別のセレモニーが行われ、子どもの頃からの歴代コーチやトレーナー、そして両親と家族たちがコートに集まり、フランスの“新4銃士”と称された僚友である、ガスケ、モンフィス、ジル・シモンとフランスのデビスカップチームで共に戦ったエルベールやブノア・ペールらも“引退記念シャツ/ありがとうツォンガのメッセージと顔のイラスト入り”を着て、ツォンガの功績を讃えました。

【全豪オープンの主催者がツォンガのベストショット集を公開してくれました】

ネットでのリーチは本当に広い。身体能力も半端ないです。

【ツォンガの戦績をまとめるとこんな感じになりました】
001.jpg

2008年の全豪オープン準優勝も素晴らしいですが、ここに記されていない戦績として2011年のツアーファイナルで決勝まで進んだことも素晴らしい実績です。そして自己最高ランキングも5位。またひとり、楽しいテニスをみせてくれる選手がいなくなってしまいました。残念ですがこの後は後進の指導にあたってもらい、グランドスラムの関係者席で姿を見せてください。その優しい笑顔にまた合えることを楽しみにしています。

Gunze World Tennis 1988のプログラム [Tennis Books]

【Gunze World Tennisのプログラム第2弾は第15回大会、1988年のプログラム】
01.jpg

表紙はジミー・コナーズとシュテフィ・グラフです。この年は前半を横浜文化体育館で、後半は大阪府立体育会館で開催されました。男子はコナーズの他、エリオット・テルシャー、ティム・マイヨット、デビット・ペイトらが、女子はグラフの他、ヤナ・ノボトワ、マヌエラとカテリナのマリーバ姉妹、メアリー・ジョー・フェルナンデスと日本からは井上悦子さんが出場した、男女シングルスとミックスダブルスのみの大会でした。

【当時35才になったコナーズを巻頭から大々的にアピールするレイアウトです】
02.jpg

コナーズは1978年の大会がグンゼのデビュー戦でした。その当時はまだ25才でしたが、1972年にUCLAを卒業後プロに転向。74年には全豪オープン、ウィンブルドン、全米オープンの3大会で優勝し、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。日本国内におけるファンも多く、たぶん会場も“満員御礼”が続いたことでしょう。

【当時世界ランキング30位にいた井上悦子さんのグランドスラムでの戦い】
03.jpg

悦子さんのグランドスラムでの戦績は通算13勝25敗。優勝はないので合計で25回グランドスラム大会に出場したことになります。最高成績は1988年の全豪オープンで3回戦進出でした。澤松和子(グランドスラム通算:28勝23敗)さんの後の日本人女子選手が世界で活躍をする扉を開けた第1人者でしたからその功績は計り知れないくらい大変なことだったと思います。現在は神奈川県の白鵬女子高のテニス部のコーチを務められています。

【こちらが1988年の大会ドロー/最終日です】
04.jpg

男子はコナーズとマイヨットの決勝、女子はグラフとマヌエラ・マリーバの対戦。ミックスでは悦子さんがコナーズとペアを組んで出場しましたが準決勝で敗退しています。このペラは毎日更新される、オーダーオブプレーですが、プログラムの中にはもう1枚のペラがあり、男子のマンスドルフに替わって、オーストラリアのマーク・ウッドフォードが出場すると云う内容で、プロフィルが挟まっていました。当時はまだ23才だったマーク。この年のウィンブルドンでレンドルと4時間46分の死闘の末、ファイナルセット(5セット)で敗れたが、互角に戦った事に期待がかかると記されています。懐かしい話です。

Gunze World Tennis 1987のプログラム [Tennis Books]

【1987年の大会を観戦したという後輩が持ってきてくれました】
01.jpg

グンゼというと、どうしても女子の大会だったと思いがちでしたが、1987年で14回目となり、男女共催のイベントでした。人の記憶もいい加減なものです。1974年の優勝は男子はジョン・ニューカム、女子がクリス・エバートと当時のスーパースターらが来日した第1回大会でした。その後もケン・ローズウォール、トニー・ローチなど、当時のトップランキングの選手たちが大会を賑わせていました。本当に豪華メンバーばかりです。

【プログラムにはカレンダーも付いていて、懐かしいウエアも】
02.jpg

2年間ほど修造さんのウエアを提供していました。たぶんこれは練習の時の写真だと思うのですが、この頃はまだコットンシャツに、短い股下のチノショーツです。当たり前ですがストレッチなんて言葉のない時代でした。35年も前の話ですから…。

【シングルスは男女共に8ドロー、出場選手全員がミックスもプレー】
03.jpg

大会はいわゆるエキシビションマッチで、前半は神戸市立体育館で3日間、準決勝と決勝は東京の国立代々木競技場の共にインドアコートで行なわれました。シングルスの優勝賞金は“3万ドル/約330万円”当時のレートでは約¥150-ですので、450万円。3回勝ちで得られる賞金なら、当時は良い金額だったかもしれません。しかも日本観光付きだったでしょうしね。出場の日本人選手は修造さんと井上悦子さんでした。

【清水善三さんのエッセイも掲載されています】
04.jpg

日本を代表する往年の名プレーヤーである清水善造さんのお孫さんにあたり、当時俳優として活躍していた清水善三のコメントも載せられています。当時は宮本輝さんがお書きになった“青が散る”で俳優デビューしたあとでしたし、’高校時代は千葉県の大会で準優勝するほどの実力者でしたから、程よいノミネートだったことと思います。清水善三さんは今もお元気で愛媛県新居浜でテニスコーチを務める他、「日本神話語りプロジェクト」のメインスタッフとして活動されていて、上京時には時々NOBUにも顔を出してくださいます。

Flying Tigerで見つけた“フィンガー・テニス” [Tennis Collection]

【表参道にある雑貨店“Flying Tiger”で¥150-で販売されている、おもちゃです】
001.jpg

表参道の“Flying Tiger”はNOBUから徒歩10分くらいのところにある雑貨店。時々何か面白うものはないかなと立ち寄ることもあるお店で、今回はこんなゲームを見つけました。

【紙製のテニスコートの上で木のチップを飛ばすゲームです】
002.jpg
大きな丸いチップを使って、黄色いボールのようなチップを、これまた木製のネットを超えるように遊ぶ、¥150-と廉価な遊び道具です。この蓋で見えるように、エッジを使ってボールを飛ばし、ポイントを競うゲーム。パッケージもテニスボールの缶をイメージしていて、アイディア溢れる仕上がりになっています。NOBUのテーブルに置いてありますのでプレーしにきてみてください。コートは紙製ですが、結構笑えます。

ボランティア・スタッフ用のT-シャツ [Custom Made]

【胸と袖に1色と背中に4色の贅沢な仕様のボランティアシャツです】
01.jpg
02.jpg
03.jpg
アメリカのバイオ医療品企業である“abbvie/アッヴィ”の日本法人がイベントのボランティアスタッフ用にと、胸と袖に社名、背中に企業ロゴを入れた、コットンシャツ制作のご依頼を受け、出来上がってきました。日本法人の設立は2012年と若い会社ですが、バイオ医療品企業としてはかなり有名な企業だそうです。紺色のボディに白のインクがきれいに仕上がり、背中の菱形にも3色のインクがメリハリよくプリントできました。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

二宮真琴/穂積絵莉が今季3度目のダブルスタイトル [TENNIS IMAGE]

【NOBU TENNIS TEAMキャプテン小野田もナイスサポートです】
001.jpg
全仏オープンの前哨戦でもあるモロッコ・ラバト(WTA250の大会)で、二宮真琴/穂積絵莉のダブルスが見事に優勝し、今シーズン3つ目のタイトル(WTA250・豪州、アデレード、WTA125・フランス、サン・マロに続き)を獲得しました。

ご存知のように二宮真琴のコーチを務めるのはキャプテンの小野田賢、そして穂積絵莉のコーチは小野田の青学大庭球部の先輩にあたる梅田邦明で、後輩たちがコーチとして活躍し、こんな画像を見ることができるなんてのはうれしい限りです。そして今シーズンからペアを復活させたこのふたり、2018年には全仏オープンで準優勝していますので、この良い雰囲気を活かし、ふたりのサポートでより高い成績(つまり優勝ってことですが…)を目指してがんばってください。WOWOWを見ながら応援します。梅田、小野田、頼んだよ!

今年のウィンブルドンはランキング対象大会ではなくなる [TENNIS IMAGE]

【国際テニス連盟、ATP、WTAがそれぞれ声明を発表しました】
02.jpg
ウィンブルドンの大会主催者がロシア、ベラルーシ両国選手のエントリー拒否を表明していることで、男子ツアーを統括するATP、女子ツアーを統括するWTAが、選手たちに“ポイントを付与しない”と発表しました。また国際テニス連盟も、ATP、WTAと同様の理由でウィンブルドン・ジュニアと車いすテニスに対して、ポイントを付与しないと発表しました。

但し、対象となるのはウィンブルドンだけで、前哨戦となるイーストボーンのATP250やチャレンジャー大会などはツアーのランキングポイント対象大会となります。ということは2021年のウィンブルドンで勝利したことによるランキングポイントはディフェンドされることなくそのまま活かされるのか?まるまる削除されるのか?現状でATPは正式にアナウンスしていませんので、大会終了後(ウィンブルドンの)どのような形でランキングが推移するのか?注目を集めることになるでしょう。なかなかシリアスな話です。

スマッシュ・2022/7月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(5/20発売のスマッシュ)】
01.jpg
今月のスマッシュの表紙は、マドリッドの決勝でアルカラスに敗れたズベレフです。準優勝とは言え、苦手なクレーコートで初めてシチパスに勝利し、好調さは続いています。ローランギャロスでの活躍に編集部が期待を込めた表紙の抜擢かもしれません。
右側は先月から連載が始まった、テニス漫画“ブレークバック”からテニスの本質を知ろう。という企画です。今号のテーマは「自分の得意ポジションを知ろう」ということで、攻撃型、守備型、ニュートラルポジションの3種類に分けて、作家さん自身が解説しています。

【巻頭の技術モノは“目指せ!弾丸サービス”です】
02.jpg
巻頭の技術モノで解説に初登場したのは柴原瑛菜さんのお兄さんにあたる“柴原瑞樹さん”です。妹さん同様にアメリカで生まれ、カリフォルニア大学のデービス校で心理学を学び、卒業後にテニスコーチの資格を取得し、テニスクラブのジュニア育成プログラムに携わり、フィジカルトレーナーの資格も取得したそうで、妹さんのプロ転向を機に日本に移住したそうです。現在は様々なアスリートのトレーニングなどの指導を行ない、YouTubeチャンネルでは「サービス特化型レッスン」が話題になっているとのこと。その瑞樹さんによる“速いサービスを打つために必要な身体の使い方”是非読んでみてください。

【技術モノの第2弾は“勝つためのリターン”です】
03.jpg
確実に返すことを考えて守備的になりがちなリターンを、試合に勝とうと思ったらリターンから攻めるべきという理論に基づき、5つの選択肢を紹介しています。いかに相手サーブをブレークするか?アルカラスさまを見習って、アグレッシブなリターンゲーム(フォアに回り込んだり、スライスで滑らせたり)を考えてみましょう。

【中とじの技術モノは“スタンスの基本”です】
04.jpg
オープン、クローズド、スクエア、セミオープンの3種類のスタンス形と特徴を理解して相手からのボールと自分の位置から使い分けが出来るように解説しています。昔はしっかり踏み込んで!とクローズドが基本でしたが、今はしっかり肩が入っていればオープンもありだなと…。ただここはエースでと思うと踏み込んで打つのがベターかなと思う自分がいます。問題はいかに速くボールに追いつくかではないでしょうか?つま先をどう向けるかもポイントですね。スタンスは色々試して、自分の球種に向いているのはどうなのかを探してみることが大切ではないでしょうか。

スターテニスアカデミーでダブルスもやってます [YouTube Tennis]

【鈴木貴男&本村剛一vs小野田倫久&寺地貴弘】


【寺地貴弘&本村剛一vs小野田倫久&茶圓鉄也】


対戦はそれぞれが10ポイントタイブレークです。5人共に40代とは言え、ネットへのボレーの詰め、絶妙なタイミングでのロブ、リターンの沈め、ポイントごとのポジショニングなどなど、選手の皆さんの妙技が炸裂しています。凡ミスもありますが見応えあり。

全仏オープンの予選が始まりました [TENNIS LINKS]

【パリのローランギャロスで全仏オープンの予選が始まりました】
02.jpg
https://www.rolandgarros.com/en-us/
グランドスラムのシングルスのドローサイズは「128」そして予選のドローサイズも同様に“128”。予選は3回勝たないと本戦に進むことが出来ないというタフなものです。そして本戦は22日の日曜日からですが、予選は16日の月曜日から始まり、日本人選手は男子が杉田祐一(プロテクトランキングを使用)女子は内島萌夏、日比野菜緒、内藤祐希、本玉真唯の5選手が出場(守屋宏紀は会場で待っていたようですが入れなかったようです)します。本戦には西岡良仁とダニエル太郎、大坂なおみと土居美咲の4人出場。錦織圭は欠場(余談ですが、京都でトレーニングしているようです)。ダブルスはドローが出来ていないため未発表です。ランキング上位者に日本人選手が少なかったのはチョット残念です。が、皆さんが予選を勝ち上がって来ることを祈りたいと思います。また今年から日本人記者たちが多くパリ入りする情報もあり、日本人選手たちが活躍して、新聞紙面を賑わせてくれることにも期待したいと思います。画像は今年のボールパーソンのウエアで赤土色です。

菊池裕太クンがUC Berkelyを卒業しました [TENNIS LINKS]

【UC BerkelyのFacebookにこんな画像がアップされました】
01.jpg
https://www.facebook.com/CalMensTennis
2017年に相生学院高校でインターハイ3冠王を達成した菊池裕太クンは高校卒業後、アメリカ・カリフォルニア州の「UC Berkely/University of California」に入学。1年生の夏休みには帰国してポルシェ軽井沢やレクサス東京オープンなどに出場し、東京では準優勝という結果を残していました。その後コロナ禍もありなかなか日本国内で彼のプレーを見ることができませんでしたが、4年間なんてアッという間でもう大学を卒業したようです。但しこれから全米学生選手権(NCAA)などに出場するようです。気になるのは彼の進路で、プロになるのか?それとも就職するのか?今後の動向に眼が離せません。

再入荷アイテムのご案内 [INFORMATION]

【ワンハンドルのバケツ型・トートバッグ】
01.jpg
https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-09-09

【ドライT-シャツ素材のロングパンツ】
02.jpg
https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-07-10

【39周年記念シャツを定番化しました】
03.jpg
https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2021-01-15

【霜降りドライシャツ“自分を信じる”デザイン/全4色】
04.jpg
https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2018-04-28

【V-ネックのコットンTeeシャツです】
06.jpg
https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-05-19

【きれいなシルエットのドライパンツです】
05.jpg
https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2021-08-08

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBU 40th Anniversary Fair 開催中 “記念Tシャツをプレゼント!”

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

Billie Jean King Cupの“ハート・アワード” [TENNIS LINKS]

【Billie Jean King Cupの地域予選が終わり、受賞候補選手が発表されました】
00.jpg
https://www.billiejeankingcup.com/en/home.aspx
Billie Jean King Cupで素晴らしい活躍をした選手に贈られるBillie Jean King Cup・ハート・アワードの受賞候補選手が発表されました。この賞は、Billie Jean King Cupの対戦で素晴らしい勇気を示し、チームに貢献した選手を表彰するもので、受賞選手は一般のテニスファンからの投票で決定します。受賞選手にはアワードマネー(チャリティーのためのお金)が贈られ、受賞選手が寄付をする団体を選んでチャリティー募金をします。

【アジア・オセアニアからは青山修子と柴原恵奈のペアが候補になりました】
01.jpg
選考理由は以下の通りです
日本のダブルスデュオは、中国戦で決定的な勝利を収め、アジア/オセアニアグループ1の首位を確定するなど、期間中の1週間を通して無敗。彼女たちはダブルスでトップ10以内にランクインしており、ペアとして今大会で無敗の6-0勝敗の記録でした。
上記のサイトに入ると、“Billie Jean King Cup・ハート・アワード”に投票できるページがありますので、日本ペアに清き1票を入れてください。受賞できますように!

【こんな写真も出てきました】
Date Krumm 2.jpg
この当時はフェドカップが大会名称でした。2010年に伊達さんが受賞した時の画像ですが、このようなボードが用意され、受賞直後のフェドカップの対戦時に選手に国際テニス連盟の担当者から手渡たされた時のものです。その後森田あゆみさんの時も同じデザインだったと記憶しています。ハートにテニスボールをあしらったデザインです。

法政二高テニス部の新入生用のバッグ [Custom Made]

【新入部員用のランドリーバッグをお作りしました】
01.jpg
法政二高テニス部のOB会では毎年、新入生に対して歓迎の意味を込めてランドリーバッグをプレゼントしています。新入生は学年ごとに“学年色”があるようで、今年の1年生の色は黄色。ということで蛍光の黄色に黒でプリントしたものをお作りしました。制作は男子7名と女子3人で合計10枚です。この校章のマークは[↓]の部分に創立の年号が入っているプリント用の版がありますが、男女の創立年号がちがうため、その部分だけマスキングしてプリントしています。カスタムメイドではこんな手法を可能です。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp ?or ?お気軽にCall:03-3499-6160

今年の全仏オープンのタオルが発表されています [TENNIS LINKS]

【全仏オープンは5月22日に開幕する今年2つ目のグランドスラムです】
003.jpg
https://www.rolandgarros.com/en-us/#
大会サイトでは主催者推薦枠で出場できる選手の発表があり、男子シングルスには“この大会を最後に引退する、ジョー・ウイルフィールド・ツォンガ”、“先頃、今年いっぱいで引退すると表明した、ジル・シモン”“ケガの影響で、このところ成績が低迷している、ルーカス・プイユ”ら元フランスを代表するデニスカップ選手たちに与えられました。

【さてさて、今年の選手たちが使用するタオルのデザインがこちらです】
001.jpg

こちらが男子選手用の色で、アンツーカーのコートと同じオレンジ系です。
毎年エッフェル塔をモチーフにして、あの手この手でデザインしています。

【こちらが女子選手用の裏面・ピンク系の色目です】
002.jpg

大きさはいつものような大判で、価格は45ユーロ(日本円で約6.000-)もちろん通信販売で購入することが出来ますが、送料や受け取り時の税金などを考えるとちょっとお高めです。何人かのテニス仲間と送料をシェアしてというのがベターかもしれません。

【そしてポスターはこんなデザインです】
a.jpg

ボールパーソンをあしらったポスターは今までと違ったテイストでかわいい感じ。
今年のローランギャロスを制するのは誰になるのか?今からワクワクします。

ベテランテニスマッチもいよいよ佳境に [YouTube Tennis]

【スターテニスアカデミーの面白企画で、ベテランマッチが続々アップされています】
0001.jpg
https://www.youtube.com/channel/UCfFBFTkvFcv8e42v4p8mpnA
本村剛一/48才、茶圓鉄也/48才、鈴木貴男/45才、小野田倫久/44才、松井俊秀/43才、寺地貴弘/42才の豪華メンバーがふたつのチームに分かれシングルスの対抗戦をするという新企画はドンドン動画がアップされ、見応えのある対戦が増えてきました。これを無料で見ることができるのは本当に楽しい限りです。(リンクから他の対戦も視聴できます)

【いったい何度対戦したのか?本村剛一と鈴木貴男の4ゲーム先取】

全日本選手権の決勝での対戦を紐解いてみたら、1996年は貴男が、2002年には剛一が勝っていて、決勝だけでは1勝1敗。ショートマッチではどちらに分があったか?

【茶圓鉄也さんのカミソリバックハンドは健在でした vs 小野田倫久】

無駄のないスイングが持ち味の茶圓さん。このフォームだと年齢を重ねても充分戦えるんだなと妙に関心。ベテランテニスのお手本になるんじゃないでしょうか。

車いす・ワールドチームカップで日本女子チームが優勝 [TENNIS IMAGE]

【日本の女子チームがオランダを破り悲願の優勝です】
01.jpg
ポルトガルで行なわれていた車いすテニスの国別対抗戦“ワールドチームカップ”で日本の女子チームが決勝でオランダを破り、悲願の初優勝を飾りました。チームメンバーは上地結衣、大谷桃子、田中愛美、船水梓諸里(しおり)の4名。おめでとうございました。

【日本男子チームは3位で大会を終えました】
03.jpg
男子チームは国枝慎吾、小田凱人(ときと)、三木拓也、眞田卓の4選手で、第1シードでの出場でしたが3位(銅メダル)でフィニッシュしました。またジュニアチームは8カ国のうち5位に。クワッドチームは5位という結果でした。みなさんお疲れさまでした。

ボルグとマッケンローの古本をいただきました [Tennis Books]

【ビヨン・ボルグ著“プレイ・ザ・ボルグ”です】
01.jpg

古書店巡りが好きな友人が「こんな本を見つけたよ」と云って持ってきてくれたのがこの2冊です。ボルグの本は1981年の発行なので41年前のもの。ストロークからサービス、リターン、タクティクス(戦略)まで、全部で104項目をボルグ自身が解説しています。分かりやすいイラストでの構成はなかなかの仕上がりです。

【こちらはリチャード・エバンスによる“俺はマッケンロー”】
02.jpg

昭和50年代にはポパイと並行してホットドッグ・プレスという雑誌が刊行されていて、どちらのテニスで特集を作るくらいの、いわゆるテニスブームがあった時代でした。この本はまさしくその時代にホットドッグで連載されたものを書き下ろしを加えて発売されたものです。時代はマッケンローとボルグの時代で、コート内での態度がまさしく対照的だったふたりのことを様々なメディアが取り上げていました。ボルグの本は自署の技術本ですが、マッケンローの本はテニスジャーナリストとして世界のトーナメントを回ったリチャード・エバンスさんによるストーリー(ジュニアの頃からナンバーワンになりまでの)です。

2冊共にお貸し出しできますので興味のある方、いつでもお待ちしています。

ひとつの大会でナダルとジョコビッチを破った男 [YouTube Tennis]

【カルロス・アルカラスの快進撃が止まりません】
01.jpg

アルカラスは今週のマドリッドでナダルとジョコビッチを共にフルセットの上、見事に勝ち切りました。過去にひとつの大会でこのふたりに勝利したのは5人目となりました。フェデラーのツアーファイナルは2010年、つまりこの12年間はこのふたりを破った選手はいなかったということになるわけですから快挙と云って間違いなく、世代交代が始まる兆しが出てきました。そしてこの大会で優勝しランキングも6位にまで上げてきました。今年に入ってからのポイント取得はナダルに次いで2位に浮上です。今週はローマのマスターズ。これが全仏前の最後の大会となるでしょうから、間違いなく8シード以内での全豪となります。ナダルが初めて優勝した時、マイケル・チャンが脅威の快進撃で優勝した時などを思い出すと、アルカラスの戴冠もある話になりそうです。

【アルカラスとナダルのダイジェスト版です】

後輩を気遣うナダルが良い味出しています。タッチの柔らかさが絶妙です。

【ムーンボールを使うジョコビッチを久しぶりに見ました】

トップ選手たちが“どうやったら勝てるのか?”をまだ研究し尽くしていないのか?
様々な仕掛けに対応できる技術をアルカラスは持っていますね。楽しみです。
前の20件 | -