SSブログ
前の20件 | -

再入荷アイテムのご案内 [INFORMATION]

【プロモデルのDry Teeシリーズが再入荷しました】
05.jpg
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2019-05-12
NOBUでは「Web Catalog」でご紹介した商品はなるべく在庫を切らせないよう、品薄になったアイテムは、追加制作をしています。ご注文をいただく際に時々ご迷惑をお掛けすることもありますが、欠品していてもタイムリーにお渡しできるよう務めています。

【今年好評をいただいているストレッチドライパンツも再入荷です】
02.jpg
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2021-06-06
ポケットにテニスボールは2つまでしか入りませんが、きれいなシルエットが好評です。

【ドライクールなマスクも再入荷しました】
マスク.jpg
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2021-06-06
好評をいただいているマスクも再入荷です。アイスシルクと云う素材でクール。
生地に腰があるので、ポリエステル系ですがフィット感があります。

【刺繍モデルのメッシュキャップもラインナップです】
03.jpg
05.jpg
TOKYOは:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2019-05-20
TENNIS BOYは:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2019-05-21

【定番デザインの「NOBU Racket Club」も再ストックです】
01.jpg
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-08-10
ご注文をいただいた時になるべく在庫切れがないように心掛けています。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBU 39th Anniversary Fair 開催中 “記念Tシャツをプレゼント!”

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

スマッシュ・2021/9月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(7/21発売のスマッシュ)】
01.jpg
今月のスマッシュの表紙はウィンブルドンで優勝し、20個のグランドスラムタイトルを獲得したジョコビッチです。年間グランドスラム達成に向けあとは全米オープンだけとなりました。年間グランドスラムは「カレンダー・グランドスラム」と呼ばれていいますが、今年は東京五輪の年でもあり、もし東京とニューヨークで優勝するようなことになると「カレンダー・ゴールデンスラム」と呼ばれる名誉を得ることになり、過去に唯一獲得しているのは、シュテフィ・グラフだけなので偉業達成がなるのか?大いなる関心事です。
右画像は今号の技術モノの第2弾の扉で「フットパワー・活用法」の紹介です。足の使い方次第でショットは力強くなると云うテーマで、ストロークとボレーを力強くするために、足を使ったパワーの生み出し方を伝授してくださいます。

【巻頭の技術モノはバックハンドのコントロール・アップ術です】
02.jpg
バックハンドの精度を上げるためのポイントと、その練習方法を佐藤文平さんが紹介しています。ミスを減らして狙ったところに打てる技術を身につけろがコンセプトです。

【貴男チャン登場!サーブ&ボレーの成功術です】
03.jpg
日本人プレーヤーで「サーブ&ボレー」と云えばもちろん鈴木貴男さん。彼の指導でサーブ&ボレーの成功する方法を10項目で解説しています。回数をこなし経験値を積み上げることで上手くなって行くと云うのが貴男さんの理論。失敗しても実行して行くことで、その後の試合内容にプラス効果が出るとの取り組みがポイントのようです。

【プロの上達法は望月勇希の後編/スピンサーブとジャックナイフです】
04.jpg
スマッシュのサイトでも紹介されていますが、望月勇希の尊敬する選手は「伊藤竜馬」とのこと。小さい頃に見た竜馬の「ドラゴン・フォアハンド」が忘れられないようです。そんな彼も持ち味はミスの少ない、しっかり跳ねるスピンサーブと、高弾道でバックに来たボールを抑え込んで打つジャックナイフで今号ではこのふたつのショットを分解写真で紹介しています。プロ転向後にコロナ禍となり選手活動がままならなかった望月クンですが、今年は海外に出て1万5千ドル大会でも優勝しました。色々が戻ってきた時にすぐに対応できるよう、準備を怠らないことが大切ですね。ガンバレ〜〜〜。

毎年恒例、浦和学院高校テニス部のチームウエア [Custom Made]

【2014年からお作りしている浦和学院高校テニス部のチームウエアです】
01.jpg
02.jpg
チームウエア用のデザインは製版してずっと保管していますので、過去にお作りしたモノを様々なバリエーションで流用することができます。今回、2021年度用にお作りしたのは、初回の2014年にデザインした「Pride,Spirit」をテーマにしたバージョンで、生地の色目はグレーの霜降りのドライシャツに赤でプリントと云うリクエストでしたので、それならアメリカっぽく、タバコのパッケージの「マルボロの赤」でインクを作りプリントしました。画像ではうまく表現できていませんが、落ち着いた仕上がりになりました。8月から始まるインターハイに向け納品しました。選手の皆さん、良い結果が出ますように期待しています。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

この「UKG」のロゴマーク、チョット気になりません? [TENNIS IMAGE]

【今年のウィンブルドンの男女チャンピオンのスポンサーである「UKG」】
a.JPG
b.JPG
今年のウィンブルドンの中継映像を見ていて、気になった方も多いと思いますが、この「UKG」ってどんな会社なの?と気になり調べてみました。サイトをチェックすると「2020年2月20日、アルティメット・ソフトウェアとクロノス・インコーポレイテッドは、労働力管理と人的資本管理に特化した新しいクラウドコンピューティングベンチャーを設立する合併契約を締結したと発表した。220億ドルと評価される合併会社は、世界最大のクラウドコンピューティング企業の1つになります」とのこと。やっぱり「IT関連企業」でした。昨年の2月に合併設立された企業なのに男女のナンバーワンプレーヤーと「パッチ契約」ですから、そうとうイケイケなんでしょう。サイトからはゴルフのメジャーチャンピオンになったコルダの娘さんも契約選手に入っていますので、スポーツをサポートしようとする企業メッセージを感じます。契約線書もこれからもっと増えそうな勢いを感じます。

【ATPマスターズ・マイアミのスポンサーにもなっていました】
c.jpg
チョット掘り下げて調べてみると「マイアミ・オープン」のスポンサーになっていました。まだ探しきれていませんがコートサーフェスにこのロゴがペイントされた大会もあったような気がします。やはりIT関連企業には相変わらず勢いを感じますね。

今年も国際テニス殿堂入りのセレモニーが行なわれました [TENNIS IMAGE]

【ニューポートでは大会最終日前日に恒例の授賞式が開催されました】
d.jpg
今年の表彰式に出席したのは、ゴラン・イワニセビッチ、コンチータ・マルティネス、そしてWTA Tourの礎を築いた「オリジナル9」のメンバー、USTPRの指導者だった故デニス・バンダーミーアさんの奥さまが列席し執り行われました。いつか日本国内でもテニス殿堂のスタイルができるといいなと思ってしまいます。

【授賞式の動画もアップされました/プレゼンターは、スタン・スミスです】

セレモニーの詳細は:https://www.tennisfame.com/
イワニセビッチとマルティネスは2020年度の表彰対象者でしたが、昨年はトーナメントが開催されなかったため授賞式を設けるとこができなく、今年は2020年度と2021年度の合同表彰式かと思っていたのですが、2021年度でノミネートとアナウンスされたレイトン・ヒューイットの姿がないことに違和感を覚えました。辞退したのか?どうなのか分かりませんが、今年度の対象者は、オリジナル9、バンダーミーアさんとレイトンだったはず。勘違いだったのか?詳細を探ることにします。

小粋な「Bar」のスタッフシャツ [Custom Made]

【伝言ゲームのような波及効果で「Bar」のスタッフシャツをお作りしました】
1.jpg
テニスクラブのオリジナルウエアをお作りして納品したお客さまのお友達に、小粋な「Bar」を経営している方がいて、そんな少しの数量で作ってもらえるの?とのお問い合わせがあり、「もちろんですよ」とお応えして、スタッフシャツをお作りしました。黒地のドライタイプに、背中に白のインクで1色プリントです。

【文字とマークはトレースして原型に近い形を表現しました】
2.jpg
いただいたデザインが、コースターのコピーのようなものしかなく、指定フォントとかもなかったので製版するのにチョット手間取りましたが、トレースしたりして、なんとかイメージ通りに再現することができました。NOBUではイメージをお持ちいただければなるべくお客さまがイメージするデザインに、イラストレータ上で制作しますので、どしどしリクエストしてください。逆に難しいことをお待ちしている請け側の気分もありますので…。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

国際テニス連盟が有明のコートを公開 [TENNIS IMAGE]

【国際テニス連盟がオリンピック会場のコートサーフェスをアップしました】
01.jpg
有明コロシアムの中はこんなイメージです。五輪のマークがコートに描かれています。ネットの左右には「TOKYO 2020」の文字。ナマで見たかったですね。

【コロシアムの外側はこんなイメージです】
02.jpg
国際展示場駅からの首都高速の橋を渡りきったところからの撮影でしょうか?観客の方がそのまま2階席に上がれる仮設の入口が雰囲気を出していますが、今回これが使われることはありません。小さなブースもチョット虚しい感じでしょうか?無観客は本当に残念な結果となりました。右側には放送用のコンテナが並んでいます。

【こちらがお祭り広場に特設された、5.000人収容の「ショーコート1」かな?】
03.jpg
2019年のテスト大会だった全日本選手権の時はコロシアムの他に3.000人収容のショーコートが作られ、本大会に向けて「お祭り広場」と呼ばれていた緑地に、5.000人が収容できるコートを仮設で作ると聞いていましたが、多分これがそのコートでしょう。試合を観戦することはできませんが、このファシリティーの中を一度で良いから歩いて見て回りたいですね。そんなチャンスを作ってもらえないでしょうかねえ。もし感染拡大が防げて、パラリンピックの観戦ができたら行けるかもしれません。まだまだあきらめる訳にはいきませんね。

永遠の定番デザイン「NOBU LOGO MODEL」 [NOBU ITEM]

【2013年にリメイクした「NOBU・ロゴモデル」カラーバリエーションを一新】
002.jpg
四角い囲みのあるNOBUのロゴ、定番Tee-Shirtsをリニュアルしたのは2010年。39年前に作った時は、囲みの下に住所と電話番号を入れた、当時は“斬新だったかもしれない?”デザインでしたが、11年前に店舗を移転し、囲みの下にキャッチフレーズを入れるデザインにリメイクして展開再開しました。そして今回カラーバリエーションを作り直しました。

●品番:NT-01 サイズ:S、M、L、XL、(男女兼用の4サイズ)
●色目は、上左からイエロー、ブルー、ピンク、下はグレー、白、紺、の全6色展開。
●価格:¥3.200-(税込み)※通信販売でお送りすることもできます
●素材:6.6オンス・Cotton 100%です。
●サイズチャート(㎝でのサイズ表記です)S:身幅/48、身丈/66
 M:身幅/50、身丈/68、L:身幅/53、身丈/71、XL:身幅/56、身丈/74
【プレーをしてシャワーを浴びたらコットンシャツです!】

【新色はこの発色のきれいな、水色です】
01.jpg
通常のコットンTee-Shirtsというと5.6オンスや、6.2オンスとかが、ややしっかりとした生地と言われていますが、今回の定番Tee-Shirtsは6.6オンスと、通常マーケットに出まわっている中では最もしっかりとした素材を選びました。まさしくハイクオリティTee-Shirtsです。思い入れがあるデザインだからこそ、敢えてドライタイプにせず、しっかりとした生地で「今日もNOBUを着ています」とアピールしていただけるようにお作りしました。古き良きアメリカのTee-Shirtsの風合いを醸し出しています。この重みを味わって下さい。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBU 39th Anniversary Fair 開催中 “記念Tシャツをプレゼント!”

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

テニスクラシックが興味深いデータをまとめました [Tennis Books]

【プロ転向後、トップ100位に入るまでの期間】
01.jpg

https://tennisclassic.jp/article/detail/2757
テニスクラシックが面白い分析をしました。男子トップ20(2021年7月12日付ATPランキング)の選手と錦織圭(67位)が、プロ転向後、何年かけて初めてトップ100にランクインしたのか、また100位以内に入ってからどのくらいで20位以内までランキングを上げたかを調査しています。一覧で作られたリスト、なかなか興味深いモノがあります。

【トップ100に入ってからトップ20に入るまでの期間】
02.jpg

錦織圭サンのランクインは2006年に1504番からスタートしました。そして08年、デルレイビーチでジェームス・ブレークを破り18歳でツアー初優勝し、この年トップ100位に入りました。が、09年には右ひじの手術などがあり低迷。11年には復帰し25位にまで上がり、12年に18位にまで到達。ケガさえなければもう少し順当だったかもしれません。その後15年3月に自己最高の4位を記録。多くの日本人に勇気を与え、16年にはリオ五輪でラファエル・ナダルを破り、堂々の銅メダルを獲得したのは素晴らしい結果でした。この一覧から見るとシャポバロフとシチパス、アリアシム、フェデラーらの活躍が特筆されますが、トップ20にまで入る(ここでは遅咲きと云われてしまう選手たち)のに時間のかかった選手たちのプレースタイルが玄人受けする選手の多いこと、多いこと、興味深い結果を検証してくれました。現在テニスクラシックは「紙での媒体」ではありませんが、試合結果の報道だけではない編集スタイルに脱帽です。これからも面白い分析結果をお待ちしています。

3人だけのオリジナルシャツ [Custom Made]

【3枚だけお作りしたドライシャツ】
01.jpg
3枚だけの「Custom Made」です。先週、17歳の少年3人がご来店。「オリジナルのシャツを3枚だけ作りたいのですがお願いします」とのこと。早速Macのモニターを3人に向けてフォントを決めてレイアウト。プリントアウトして実際にシャツに張り付け、プリント位置を決め、3人が選ぶシャツの色を決め、インクは全て黒となり、ご注文を受けました。その場で先にお支払いをしようとされたので、お渡しの時で良いですよと、コストだけを説明しました。納期に1週間をいただき、本日でき上がりました。

【1歳から保育園で同級生だった3人です】
002.jpg
3人のご了解をいただき、出来上がったシャツを着用していただき、撮影しました。「AOHO」とは3人が1歳の時から通っていた保育線の略称とのこと。彼らは現在高校2年生なので2005年の入園から16年来の同級生とのことです。それぞれ小学校からは違う進路を歩んでいるようですが、高校に入学した昨年からキャンプなどに一緒に行くようになって、今年も来週から真鶴に行くのにお揃いのシャツを作ろうとなったようです。1歳からの同級生が今でも交流があるって素晴らしいことです。で、最後に「何でNOBUに来たの?」と聞いたら「お父さんから聞いた」って、お名前を聞いたら、よくお越しいただくお客さまでした。帰り際には「昭和からあるお店なんですよね」と云われ、すっかりお爺ちゃんになった気分。ありがとうございました。きっとこの子たちは生涯付き合って行くんだろうなと思うと、お作りしたこちらもチョット良い気持ちになりました。進路は違ってもみんながんばれ!「AOHO Begin From 2005」と云うコピーも秀逸です。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

ガエル・モンフィスさんご結婚おめでとう [TENNIS LINKS]

【Davis Cup、ATP、ITFなどの様々な団体のSNSでふたりの結婚を祝っています】
02.jpg
https://www.facebook.com/DavisCupTennis
ガエル・モンフィス(フランス)とエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ)がスイス・ジュネーブの湖畔にあるホテルで挙式を行なったとそれぞれのSNSで公開しました。モンフィスは「ミセス&ミスターモンフィス」と綴り、スビトリーナは「人生最良の日」とコメントしました。おふたりのご結婚を祝福したいと思います。「ガエル、おめでとう!」

【ただ心配なのはコロナ禍後のモンフィスの戦績です】
01.JPG
https://www.atptour.com/en/players/gael-monfils/mc65/overview
現在34歳のモンフィスは2004年にプロに転向。自己最高ランキングは2016年11月に6位を記録。昨年のインディアンウェルズから大会が中止になりましたがその時点では9位に位置していました。現在のランキングこそ19位ですが、今年に入ってから8大会に出場していますが、ウィンブルドンとリヨン(250)でそれぞれ1勝しただけで、残りのイーストボーン、ハレ、ベオグラード、ローマ、全豪オープン、ATP Cupで全て1回戦敗退と云う成績(全仏はスキップ)です。コロナ禍になる前までは好調を維持していただけにチョット心配ですが、まだまだ引退をする年齢ではありませんし、この結婚を機に流れが替わるといいですね。また彼のスーパープレーを見ることができますように祈っています。

やっぱりロジャーは東京には来ない [YouTube Tennis]

【ヒザの調子が良くなく、東京には来ないことを表明しました】
01.JPG

東京オリンピック・テニス競技に出場しないと表明している選手が続出しています。ジョコビッチはスケジュールに入っていて、年間ゴールデンスラム(四大大会+五輪の5冠の意)を狙うとコメントをしたとか…。それ以外の選手で、ナダル、ティエム、キリオス、デミーノ、ゴフィン、エバンス(陽性です)、ポシュピシルらが不参加を決めたようです。シングルスは64ドローですから、この埋め合わせを作るのか?それとも「Bye」でドローを作るのか?今はATPとITFが必死になって選手集めに奔走しているのではないかと想像しています。フルドローでの開催に期待しましょう。

【ロジャー・フェデラーのオリンピックでのナイスショット集です】

フェデラーは意外にオリンピックのメダルに縁がなく、初出場は2000年のシドニーで、準決勝でトミー・ハースに敗れ、3位決定戦でもディパスカルに負け。04年のアテネでは2回戦でベルディッチに負け。08年の北京ではダブルスこそ金メダルを獲得しましたが、シングルスではジェームス・ブレークに敗れベスト8止まり。12年のロンドンではアンディー・マレーに決勝で敗れたのは記憶に新しいところです。上の「We are Tennis」のサイトでは、もうこれでフェデラーが五輪のシングルスで金メダルを獲ることは無くなったと報じています。残念でなりませんが、8月8日には40歳を迎えます。

二宮真琴が東京五輪出場権を獲得 [TENNIS IMAGE]

【NOBU TENNIS TEAMキャプテンの小野田賢がFacebookで知らせてくれました】
001.jpg
東京オリンピック・テニス競技の出場枠は、各国共に男女各6人以内と決められています。日本チームの女子はシングルスで大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒の3人が決まり、ダブルスでは青山修子と柴原瑛菜のペアが決まっていて、あと1枠(シングルスかダブルスに出場できる枠)が余っていましたが、本日、NOBU TENNIS TEAMのキャプテンで二宮真琴のツアーコーチとして一緒に世界を転戦しいている小野田賢が自身のFacebookで同じ年(花の1994年生まれ組)の日比野菜緒とダブルスに出場する権利を得たと発表しました。開会式まであと10日となった今、このような発表を聞くことができて、よかったよかった。当たり前もことですが、出場するからにはメダル獲得を目指してがんばってください。

かわいいエプロンをお作りしました [Custom Made]

【キッチンカーのスタッフ用エプロンです】
01.jpg

キッチンカーで働くスタッフ用にエプロンを作っていただけますか?というご依頼で、少ない枚数でお作りしました。サイドに紐をかけるタイプで、プリント位置と版のサイズは、実際に試着してみて決めました。お使いになるのは老若男女が対象なので、思い切って上目にプリントしました。位置は紐の縛り方で調整できます。

【プリントはこんな感じです】
02.jpg
ポリエステル生地なのでプリントの載りもよくきれいに仕上がりました。
テニス用ではないものもカスタムメイドできますので、お気軽にお問い合わせください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

大井町の“スポル”が8月末で閉鎖されます [TENNIS IMAGE]

【4面の時間貸しインドアハードコートで、とても便利だったのですが…】
02.JPG
https://www.sporu.jp/
以前はジェイアール東日本の操車場で、2018年に総合スポーツ施設として期間限定の営業だった“スポル大井町”が8月イッパイで営業を終了すると発表されました。短期間の施設だと云うことは分かっていましたが、全てがレンタルコートだったので予約が便利で、チョットしたイベントなどで何度かお世話になっていただけに残念でなりません。京浜東北線の大井町の駅の真ん前でしたから、ワイワイとテニスをしてからお隣の品川で打ち上げをしてなどと云う使い方をしていました。こうやってテニスコートが無くなってしまうのは残念ですが、またどこかを探しましょう。

東京五輪をネット観戦で楽しくなるサイトをご紹介 [YouTube Tennis]

【Olympics YouTube Channelのドキュメンタリー・プロモーションビデオです】

こちらは陸上の王者、ウサイン・ボルトをキャラクターにしてジャマイカの子供たちも出演。東京五輪はその全てのコンテンツで無観客となりましたが、何らかの方法を探せばほとんどの競技を無料で観戦することができるはずです。このサイトは「#strongertogether」からの検索で見つけましたが、東京で実施される予定の、様々なジャンルのスポーツのドキュメンタリー映像がたくさん、とてもきれいに編集しています。

【難民キャンプの選手たちにもそれぞれ異なるストーリーがあることを紹介しています】

「Olympics YouTube Channel」では下記からたくさんの動画がご覧いただけます。
https://www.youtube.com/c/Olympics/featured

【そして最後に紹介するのは、なおみチャン】

まさに「Stronger Together」東京がいよいよ楽しみになってきました。

ウィンブルドンも終盤。あとは決勝を残すだけです [YouTube Tennis]

【シャポバロフはジョコビッチに完敗】

グランドスラムの場所で初めて準決勝に進出したシャポバロフ。いつものように粋の良いテニスをしましたが、アンティシペーション力に優れたジョコビッチにコースを読まれ、本来であればエースになるボールをことごとく拾われ、結果はストレートで勝負あり。大物を倒すには何が必要なのか?この敗戦で多くを学んだことでしょう。今後に期待します。

【イタリアのベレッティーニが初めてのグランドスラム決勝に進出です】

ベレッティーニはオールラウンダーです。芝のコートではブロックリターンが功を奏し、ストロークも小さなテイクバックでミスの少ないプレーを続けています。ワウリンカとラオニッチを足して2で割ったようなサーブスフォームで、ステディーなプレースタイルはジョコビッチを苦しめることになるかもしれません。決勝が楽しみです。

【アッシュ・バーティーがケルバーを破って第1シードの貫禄を見せました】

バーティーのプレーは気持ちがいいですね。日本の男子高校生はこんな感じのプレーをイメージしたらとっても良いんじゃないかといつも思います。バックハンドの片手スライスと両手ダウンザラインの打ち分け、軽快なフットワークでの回り込みフォアハンドの逆クロス、そして常にネットでポイントを取ろうとする意識、こんな感じでプレーしたら強くなるでしょうね。スピンサーブもステディで応援したくなる選手です。

小学6年生だった鈴木貴男チャンのキャップに注目 [Tennis Books]

【何の雑誌か分かりませんが“ジュニア・ウォッチング”という特集に貴男チャン】
01.jpg

1988年の全国調学生大会で優勝し、89年の全国選抜ジュニアに出場したときのインタビューのようなので、中学1年生の時の写真かもしれません。亜細亜大学テニス部コーチの森稔詞コーチからメール添付で送られてきた雑誌の切り抜きです。「件名: このキャップ(^^)」で送られてきました。紺と赤のツートンでクラウンが白のメッシュキャップ。あの頃は「紺×赤」「赤×緑」「紺×緑」のコンビネーションで様々なアイテムを作っていましたが、懐かしいベースボールキャップです。記事を読んでいて思い出したのですが、この頃貴男チャンはバックハンドが両手打ちでした。本人から聞いた話では「ジュニアの遠征で海外に行った時に片手バックに替えた方がいいのではないか?と思った」だったと思います。

【プロ転向後初めての海外遠征は竹内映二さんが帯同】
02.jpg
フランスのシャモニーから映二さんが絵はがきを送ってくれ、今でも大事に保管している1985年のモノです。貴男さんは数々のジュニアタイトルを獲得し、堀越高校卒業後プロに転向、その後の戦績は申し上げるまでもありませんが、錦織圭サンの台頭までは日本のテニス界を長く牽引されてきました。現在は引退し、ツアーコーチ(内山靖崇など)の傍ら、ジュニアの育成などにも尽力されていますので、これから第2のテニス人生にも注目です。

世田谷総合運動場はアメリカチームの合宿地に [TENNIS IMAGE]

【東京五輪のアメリカチームの練習拠点は世田谷総合運動場です】
image3.jpeg
早朝のバイクトレーニングで世田谷区砧にある総合運動場を偵察してきました。いつも朝練で使っているテニスコートは、アメリカチームの練習場所としてロック(一般の人は入場することができなくなり)され、7月4日から8月16日まで閉鎖となりました。塀越しにメインの建物を見ると「We are Team USA」と云う看板が設置され東京オリンピックがいよいよ始まるんだと実感しました。

【野球のグランドにはこんなバナーが張られました】
image2.jpeg
image1.jpeg
image0.jpeg
ホストタウンである世田谷区がアメリカのオリンピックコミッティーからデザインをもらって、お安く作ったウエルカムバナーだと思いますが散歩やジョギングをしている近所の方々が朝の7時前にも関わらず、バシバシ撮影していました。施設内では立派な陸上競技場と、室内プール、武道場、野球のグランド、エアーライフル場など充実した箱がたくさんあり(テニスコートは21面ありますが全て砂入り人工芝コートなので、テニスの選手たちには使われることはないでしょう)ここでコンディショニングできるアメリカチームにとっては、砧公園の環境も含め良い立地と言えるでしょう。移動でも用賀インターから首都高速に乗ってしまえば選手村までは25分(期間中は多分渋滞がない)くらいでしょうから、最高のキャンプ地ですね。あと2週間強でいよいよ東京オリンピックの開幕です。テレビ観戦で楽しませていただきます。

今年の全日本選手権はビーンズドームでの開催です [TENNIS LINKS]

【日本テニス協会が今年の全日本選手権について発表しました】
001.JPG
https://www.facebook.com/jta.pr/
開催の詳細は以下の通りです。
10月30日(土)から11月7日(日)まで開催する「第96回全日本テニス選手権」のタイトルスポンサーが、大正製薬株式会社に決定。大会名は「大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権96th」。会場は有明テニスの森公園が、東京2020オリンピック・パラリンピック終了後の工事が行われていて使用することができないため、ブルボンビーンズドーム(兵庫県三木市)での開催。開催種目、ドロー数など大会の詳細については、後日改めて発表。本年は東日本大会、西日本大会(ともに全日本テニス選手権のシングルス本戦ワイルドカード決定試合)を開催するなど、昨年大会よりも規模を拡大して実施する予定。

ビーンズドームは神戸から車で45分くらいの場所ですが、新型肺炎の感染拡大事情によっては無観客になる可能性もありますね。毎年行なわれている「神戸チャレンジャー」も日本政府の海外からの入国制限が今と同じならば開催は不可能で、それに替わる大会として観戦希望の方も多いと思いますが、10月末の状況を見ての入場可否判断かと思われます。
1日でも早い終息を願うばかりです。それまでは「Stay Safe」でガマンです。
前の20件 | -