SSブログ
前の20件 | -

WTAを創設した“Original 9”のお話 [TENNIS IMAGE]

【今から50年前、この9人から女子のプロテニスツアーが始まりました】
01.jpg
https://www.wtatennis.com/original-9
プロテニスは男性だけのツアーでしたが、1970年9月23日にヒューストンでプロに転向する9人の女性選手が結集し、“たった1ドルだけの契約”ことはテニス界では有名な話です。50年前のその時に立ち上げた9人の選手が、今のWTA Tourの礎を作ったと云っても過言ではありません。彼女たちは“Original 9”と讃えられ、50年を迎えた今、WTAが様々なキャンペーンをしています。言い出しっぺのボスはビリー・ジーン・キング。写真は後列左からヴァレリー・ジーゲンフス、キングさん、ナンシー・リッチー、ピーチバルト・コウィッツ、前列左からジュディ・ダルトン、ケリー・メルビル・リード、ロージー・カザルス、ジュリー・ヘルドマン、クリスティー・ピジョン、の9人です。WTAのサイトでは当時の様子などの動画も多くアップされていますので、どうぞご覧ください。
(名前の順、多分合っていると思いますが間違っていたらゴメンナサイ)

【創設時と完全比較した、50年後の集合写真です】
02.jpg
女子のサーキット創設には多くの障害があったようですが、タバコの“バージニアスリム”がスポンサーとなってようやく始動していくというストーリーです。新型肺炎の蔓延で全員が集合してのセレモニーなどは執り行われないそうですが、国際テニス殿堂にノミネートされた最初のグループとなりました。皆さんおめでとうございます。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

インナーベストをお作りしました [NOBU ITEM]

【ナイロンタフタ×中綿の前ボタン・軽量ベストです】
01.jpg
「寒さ暑さも彼岸まで」ということで、NOBUでは秋分の日と春分の日に、店内のディスプレイを季節にあわせて動かすタイミングにしています。そしてお彼岸が過ぎたので、冬物も少しづつご紹介していく頃合いになりました。この表地がナイロンでポリエステルの中綿入りのライト・インナーベストはこの秋冬に様々なシーンで活躍できそうな1枚です。

【前ボタンで左胸と両脇、そして内側にポケットあり】
02.jpg

品番:NV-02 価格:¥5.800-(税込)
素材:表側/裏側:ナイロン100%、中綿:ポリエステル100%
サイズ:M:着丈/70、身幅/51、L:着丈/73、身幅/54、XL:着丈/76、身幅/57(各㎝)
    M、L、XLの3サイズからお選びください
色目:紺のみの1色です(ワッペンは「紺地のNマーク」です)

【あくまでのインナーベストなので過度な期待は禁物です/苦笑】
03.jpg
パタゴニアとの比較は禁物です。価格に見合った仕上がりですので…。
HoodyやSweatの上にお召しになるならワンサイズアップがオススメです。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています。営業時間は:“NOBU STORE HOURS

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

還暦の友人を仲間で揃えてお祝いする [Custom Made]

【NOBUのドライシャツの左袖にオリジナルプリントを入れたチームウエア】
01.jpg
テニスチームのメンバーのおひとりが還暦を迎えるにあたり、1枚だけのプレゼントを作るのではなく、みんなでお揃いのデザインのシャツを選び、赤の方は別にして、メンバーは好きな色を選び、リクエストにお応えしたモノが、今週出来上がってきました。

【左袖にメッセージを入れました】
02.jpg
左袖には、全世界のテニスファンにとって忘れることがないであろう「2020」を入れました。本来ならば東京五輪・パラリンピックが開催されるはずだった記念すべき年が、ある意味では生涯忘れることのない年になってしまいました。様々な気持ちを込めて、このデザインをご提案しお作りしました。還暦の方に喜んでいただけることを祈ります。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

テニスマガジン・2020/11月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(9/21発売のテニスマガジン)】
01.jpg
今月のテニスマガジンの表紙はもちろん大坂なおみチャン。友人の多くは彼女のことを「なおみチャン」って云っているくらい、愛されキャラなんでしょうね。
右画像は全米オープン特集の扉です。実際には現地取材はできず、ライブで観戦し、ZOOMを使ってでの記者会見とで原稿を書くと云う至難の業。トピックを集めたコラムもデイリーレポートのように14項目ありアッパレです。

【巻頭の技術モノは「テニスのバランス」を徹底解説】
02.jpg
テニスの上達を考える時、技術と戦術の重要性を挙げることはあっても、同列でバランスを挙げる人は少ないだろう。今回の特集を読むとその考え方をあらためることになるかもしれない。とのリードで特集は始まります。後半では横山トレーナーと清水悠太モデルでバランスをチェックするいくつかの方法が紹介されています。まあこれはじっくり読んでいただくしかないですね。スイマセンが、簡単に解説できません。

【そしてもう全仏オープンが始まります】
03.jpg
全仏は男女シングルスの予選が21日スタートで、全米とは違い男女単複だけでなく、本当に従来通りのサイズでジュニアも車いすも日程に組まれています。もちろんエキシビションのレジェンドマッチもあるようですし、今日の発表では観客を1日当たり5.000人までは入場させるとしています。さてさてどんな戦いがるのか、今から楽しみです。

【テニスラボの駒田さんの解説でスマッシュの基本を覚えましょう】
04.jpg
「ダブルスのはじめかた」も連載が17回目になりました。スマッシュに基本は、打点を覚え、打点に速く動き、ラケットワークを覚え、左手の動きを覚える。そしてフットワークを覚えるのを基本としようが今回のポイントです。中学生の頃は「上に上がったらラケットを早く担ぐ」をよくオヤジに云われたのを思い出しました。ギッチョの基本は逆クロスです(苦笑)スマッシュは練習をすればするほど、しただけの答えがあります。

スマッシュ・2020/11月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(9/21発売のスマッシュ)】
01.jpg
今月のスマッシュの表紙は全米オープンで2年ぶりの優勝を遂げたなおみチャン。お見事でございましたが全仏オープンには出場しないことを発表しました。ハードコートが終わって2週間後にサーフェスの違うグランドスラムというのはチョイときつい日程かもしれませんね。女子のツアーファイナルは開催中止となったので、となると今シーズンのなおみチャンはこれで終了か?気になりますね。
右画像は「テニスギア何でも相談所」今号でのテーマは“テンションはどう決めればいい?”です。右下のマシンは今でも使っている「エクテロン」が紹介されています。よく見つけたなと思ったら、あれっ、これNOBUのですわ。ここでのアドバイスではタッチ重視の方はローテンションとのこと。ピュアドライブの107インチにナチュラルを45ポンドでもまだ硬く感じるってのはタッチだけです。いつかはボールをつぶしてみたいです。

【巻頭の技術特集は“フォアハンドをもっと良くする20の方法”です】
02.jpg
今号の特集では、ミスをなくすための10の方法と、もっと強く打つための10の方法とコンテンツと2つに分けて紹介しています。興味深いのは分解写真でほぼ現在のマッケンローがお手本として登場します。もちろんデルポトロも登場しますのでご安心を!

【プロの連続写真から学ぶサービス】
03.jpg
解説はご存知、丸山薫さん。モデルはなおみチャン、ズベレフ、ティエム、プリスコワ、ベレッティーニ、メドベデフ。6人それぞれのサービスでマネ技、スゴ技、鉄板技の3つのカテゴリーに分類して、分析しています。これなかなかお勉強になりますよ。

【プロの上達法は、加治遥さん】
04.jpg
園田学園大学を卒業後プロに転向した「カジハルさん」彼女の練習ポイントとして、高い軌道のフォアハンドトップスピンと、厚い当たりの両手バックハンドの2つが紹介されています。ショットにリズムがあるので、分解写真でも分かりやすいフォームです。コーチは「カミソリバックハンド」で有名だった茶圓鉄也さん。自己最高ランキングは283位ですので、ツアー再開後はグランドスラム出場を目指してがんばって欲しいです。

Fed Cupが名称を変更/Billie Jean King Cupに [TENNIS IMAGE]

【女子の国別団体戦の総称が何ともビックリな個人選手の名称になりました】
01.jpg
https://www.billiejeankingcup.com/en/home.aspx
国際テニス連盟は、テニスの女子ワールドカップであるフェドカップが、BNPパリバによってビリージーンキングカップに改名されたことを発表しました。現在76歳のキング夫人は4大大会を12回制覇し、フェドカップでは1963年に行われた第1回大会でアメリカの優勝に貢献。また、女子ツアーを統括するWTAを設立するなど女子テニス界で大きな足跡を残してきました。ロイターの取材によると「非常に誇りに思っているし、恐れ多い。夢なのではないかと思い続けている。そして、テニスが世界的に成長するのに貢献できる素晴らしい機会だと思い始めている」と語ったそうです。全米オープンの会場名もキングさんの名称が使われ(まあこれはアメリカ人だから理解できますが)史上ふたり目のグランドスラム達成者で、4大大会通算最多の24勝をマークしているマーガレット・コートではなかったんですね。ウーマンリブが評価されたか?ちょっとビックリした名称変更です。

【全米オープンでのベストショット集】

50年以上前の迫力のあるネットプレーです。
キング夫人の4大大会優勝数(シングルスは通算18勝)の内訳
シングルス:全豪/1、全仏/1、ウィンブルドン/6、全米/4
ダブルス :全豪/0、全仏/2、ウィンブルドン/4、全米/4
ミックス :全豪/1、全仏/2、ウィンブルドン/4、全米/4
またツアーでの優勝回数は、アマチュア選手としてはシングルス37勝、「オープン化」以後にプロ選手として獲得した勝利数(シングルス67勝、ダブルス101勝)とすごい数です。

【そしてコレクションのご紹介「WilsonのBillie Jean King」モデルです】
02.jpg
ボクが高校生の時(45年以上前)に使っていた「Billie Jean King」です。Wilsonのオートグラフモデルと云えば、ドン・バッジ、ジャック・クレーマー、モーリン・コノリー、スタン・スミス、クリス・エバート、ロジャー・フェデラーと、このビリー・ジーン・キングくらいですよね。コナーズ、マッケンロー、エドバーグ、錦織圭サン、セリーナがこのカテゴリー(オートグラフモデル)にないのはWilsonの戦略変更かもしれませんね…。

全日空の機内誌に国枝慎吾の特集ページ [Tennis Books]

【リオで負けたからこそ、今のボクがいる】
01.jpg
先週の日曜に所用で長崎に日帰りしてきました。全日空を利用したのですが、機内誌である「翼の王国/9月号」に国枝慎吾のインタビュー記事が掲載されていました。まさしく全米オープン優勝とタイミングも合って2ページですが、ほっこり読ませていただきました。取材はコロナ禍になる前の2月末。ここは高輪テニスセンターの2階にあるプライベートコートです。国枝は全日空から渡航時のサポートを受けていて、戦う車いすには「ANA」のロゴマークが入っています。取材内容は3連覇のかかったリオ・パラリンピックでベスト8に終わったあとの過ごし方について触れていて、大会後はしばらくラケットを握らずにヒジの治療(リオ開催の年の1月に手術をしたが完治せず、結果を出すことができなかった)を続け、たどり着いたのは「バックハンドのグリップの変更」だったそうです。結果「痛みを感じることがなかった」そうで、そこから初心者のように地道な練習を重ね、エースを打てるようになったとのことです。締めくくりには「ボクの生き甲斐はグランドスラムタイトルを獲ることです。そのチャンスがある限りこれからのチャレンジし続けます」とコメントしました。来夏の東京での活躍、期待しています。

【Facebookでは全米優勝後の帰国便でANAの機内でくつろぐご本人】
02.jpg
https://www.facebook.com/KuniedaShingo/
また、インタビューの中では「リオでの敗戦で「このままでは終われない」とリベンジの思いがふつふつと湧き、その悔しさを経験したことで、絶対王者と云われてきたキャリアをリセットして、真の意味でのチャレンジャーとして再出発できた」とも語っています。

【そして車いすテニスのグランドスラム最多タイトルとなりました】
03.jpg
https://www.facebook.com/usopentennis/
国枝はこの全米の優勝で、シングルスで24個、ダブルスで21個、合計45個のグランドスラムタイトル獲得で、オランダの女子名選手「エステル。フェルヘール」の単複合計・44個を抜いて堂々の1位に躍り出ました。彼女は2013年に引退しましたので、これからはこの最多タイトルの記録をドンドン伸ばしていって欲しいですね。

コットン×メッシュのキャップを2色展開 [NOBU ITEM]

【おでこの部分は葛城生地で後頭部がメッシュ生地のキャップです】
02.jpg
03.jpg
葛城素材の生地をベースにメッシュ生地と掛け合わせたキャップです。
どんな季節にも対応できる、かなり快適なひと品になると思います。

【紺と白の2色展開になりました】
01.jpg

品番:NC-02 素材:コットン・100%、メッシュ部分はポリエステル100% 
色:紺(白パイピング)、白(紺パイピング)の2色展開 
価格:¥3.200-(税込み) 
サイズ:フリーサイズ/マジックテープのアジャスター付き(56〜60センチ)

【ONE SIZE FITS ALL/サイズ調整のできるワンサイズです】
04.jpg
いわゆる、ベースボールキャップの原型のような仕上がりです。
深めにキャップをかぶりたい方には、なかなか良い形です。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています。営業時間は:“NOBU STORE HOURS

慎吾ちゃんも結衣ちゃんもがんばりました [YouTube Tennis]

【国枝慎吾は5年ぶり7個目の全米オープンタイトルを獲得です】
001.jpg
https://www.facebook.com/usopentennis
グランドスラムでは何と通算24回目(全豪10回、全仏7回、全米7回)のタイトル獲得。インタビューでは「今年東京パラリンピックが開かれていたら、金メダルだった(笑)」とコメントしたそうな。何とも頼もしい36才の慎吾ちゃん。来年に期待しますよ。

【決勝はファイナルタイブレークでの執念の勝利でした】

車いすテニスもドンドン球速が早くなってきました。サーブも速い。
慎吾ちゃんのディンクショットもアタックバックハンドもお見事でした。

【上地結衣はシングルスでは準優勝でしたが、ダブルスでは見事に優勝】
002.jpg
https://www.facebook.com/usopentennis
結衣ちゃんとジョーダン・ワイリーのペアは、2014年の全豪からグランドスラム5大会連続制覇を果たし、ウインブルドンでも2014年から4連覇を達成。ふたりのペアがグランドスラムで獲得したタイトル数は通算11個目となりました。まさに最強ペアです。

【ふたりのコンビネーションが上手く噛み合った試合でした】

2バウンド目を上手く使う選択肢が車いすテニスの醍醐味。結衣ちゃんのバックハンドの厚い当たりも練習の賜物のようです。彼女にとってはこの1年の延期は、シングルスの決勝戦で敗れた宿敵であるオランダのデ グロートの研究に時間を取ることができるメリットがあると信じて見守りたいですね。来年の8月の笑顔に期待します。

おめでとう“ティエム”よくがんばったね [YouTube Tennis]

【4時間を超える死闘に決着をつけたのはティエム、2セットダウンからの大逆転】
01.jpg
https://www.facebook.com/usopentennis
今年の全米オープンは波乱に満ちた結末となりました。直近のグランドスラム13大会ではフェデラー、ナダル、ジョコビッチの3人がすべてのトロフィーを分け合っている中で、本命のジョコビッチがまさかの失格処分となり、誰が優勝しても“グランドスラム初優勝”となる舞台で、過去3回の決勝進出で第2シードのティエムには相当な重圧がかかっていたと思います。準決勝のメドベデフ戦でも普段はあれほど多くは使っていないバックハンドのスライスを多用して“しこって”ストレート勝ちというイメージでした。決勝でも同様で、ふたりにしては珍しい長い1ポイントなラリーの応酬が多く見られました。まあ、最後は4才年上のティエムが意地を見せたということでしょうか?いずれにせよ初のグランドスラムタイトル獲得、おめでとう!しっかりリカバーしてパリでもがんばってください。

【遂に1990年代生まれのチャンピオンが誕生しました】
02.jpg
グランドスラムの決勝では過去3度の挑戦で、全仏では12度の優勝を誇るナダルに2度挑んで敗れ、全豪では8度の優勝経験があるジョコビッチに苦杯を喫していました。過去ズベレフとの対戦は7勝2敗と相性のいい相手ですが立ち上がりは相当な重圧があったのかもしれません。この優勝をきっかけに、決勝戦を戦ったふたりの他、シチパス、シャポバロフ、メドベデフらの若手が台頭して来ると、テニス界もより面白くなるかもしれません。

【ズベレフとティエムの決勝戦のダイジェスト版です】


【そして今年の全米オープンのベストショット集です】

来年は無観客なんてことはなく、満員のお客さんの歓声が上がるセンターコートでの試合があることを祈って止みません。神さま、仏さま、どうかよろしくお願いします。

天声人語が大坂なおみチャンの姿勢を評価 [Tennis Books]

【8月28日の朝日新聞の朝刊・天声人語で黒人テニス選手の話題】
001.jpg
https://www.asahi.com/articles/DA3S14601320.html?iref=pc_rensai_long_61_article
黒人であるが故に大会に出場することができなかった時代、白人著名選手の後押しで1950年に始めて全米オープンに出場した黒人女性選手がアルシア・ギブソンさん。彼女が道を切り開きました。そして今回、なおみチャンの「私はアスリートである前に、ひとりの黒人選手です」のコメント。今年の優勝は2年前とは違う「ひとりの大人としての」アスリートを感じました。辛抱しての優勝にアッパレです。

【1950年代に活躍した、アルシア・ギブソンさんのこと】
002.jpg
https://www.usta.com/en/home/stay-current/national/black-history-month-legends--althea-gibson.html
ギブソンはその全米のデビューから1年後、ウィンブルドンでプレーする最初の黒人アスリートになり、1956年に全仏で最初のグランドスラムタイトルを獲得。1957年と58年にウィンブルドンと全米の両方で優勝し、生涯で合計11個のグランドスラムタイトルを獲得しました。全米テニス協会の公式サイトでは「この黒人女性は、テニスの最も権威あるタイトルを獲得することよりも重要であり、社会の最も抑圧的な制約を克服しました」そして「トロフィーはさておき、アフリカ系アメリカ人や女性が医学や法律、科学や政治などの多様な分野で活躍するずっと前に、驚くべき才能に恵まれたギブソンがいました」とコメント。

ウィキペディアでは「1971年に国際テニス殿堂入り。ギブソンは存命中に、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が黒人姉妹選手として活躍する様子を見守ることができた。いずれも「アリシア・ギブソン以来」の優勝として、1999年全米オープンでセリーナが「41年ぶり」、2000年ウィンブルドンでビーナスが「42年ぶり」に勝ち、セリーナは2002年全仏オープンから2003年全豪オープンまで4大大会4連勝を達成する。セリーナは全仏オープンで「46年ぶり」の優勝も成し遂げ、2年にまたがる連勝記録を「セリーナ・スラム」と命名した。ギブソンは“セリーナ・スラム”達成の8ヶ月後、2003年9月28日にニュージャージー州イースト・オレンジで76年の生涯を閉じた」と締めくくられています。今回のなおみチャンの行動と優勝をギブソンさんに見届けて欲しかった。そしてもしお元気だったらどんなコメントをしたのか?【Black Lives Matter】から始まった一連の活動の今後を見守っていきたいと思います。なおみチャン、パリでもがんばってください。

New Pro-Model Pants/ストレッチ生地です [NOBU ITEM]

【新素材・ポリエステルストレッチ生地でハーフパンツを作りました】
01.jpg
ショートパンツは39年のオリジナルウエア作りの中でもそうとうたくさんの製品を作ってきました。現在は「NOBU Pro-Model」として、公式試合でもお召しいただけるラインナップとして、T-シャツ素材や、ニット素材で作っていますが、生地の目先を替えて「新素材・ポリエステルストレッチ」でハーフパンツを製品化しました。もちろん伸縮性、速乾性と吸汗性に優れていますので、是非この素材感をお試しください。

【ちょっとかわいく、お尻にもポケットです】
02.jpg
ボールが1球入るくらいの大きさのお尻ポケットです。

※プロモデル「NOBU TENNIS・ドライパンツ」
品番:PMP-01 ポリエステル100%(ストレッチ・ポリエステル)
価格:¥5.200-(税込み)
カラー:紺色の1色のみ
サイズ:男女兼用で S、M、L、XL、の4サイズ
    ウエストには平織りのスピンドルが入っています
股下の長さ:S/25.5、M/26.5、L/27.5、XL/28.5(各々のセンチです)

【素材感もあるのでオーソドックスに「Nマーク」ワッペンで登場です】
03.jpg
今までにない素材感です。このワッペンならどんな上にも合わせられます。
もちろん公式試合での着用も可能です。言うことなし!

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
ご来店もお待ちしています。営業時間は:“NOBU STORE HOURS”から。

ATPがTour Finalまでの日程を再編成しました [TENNIS LINKS]

【全米オープン後のスケジュールに新たに4つの大会が加わりました】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/atp-announces-four-new-events-for-2020
全米オープンもベスト4が出揃い、誰が勝っても初めてのグランドスラムチャンピオンが誕生するトピックで持ち切りですが、ATPは全仏オープンからTour Finalまでの間に、新たに4つのトーナメントを開催すると発表しました。いったい何が起こっているのかさっぱり分かりませんが、ヨーロッパはEU圏での往来に支障がないことから、ドイツのケルンで2大会、イタリアのサルデーニャとカザフスタン(ここは今年だけの期限付き)で250の大会が開催予定となりました。ATPの会長のコメントとして「選手が収益(賞金)が得られる機会を追加したい」とし、暫定的ではあるが開催国の衛生上の基準を守り運営するとホームページ上でアナウンスしました。【同一週に3会場で開催です】

【ケルン市街地はライン川両岸にまたがって繁栄したドイツ第4の都市です】
02.jpg
ご存知の通り西岡良仁はニューヨークで敗れたあとオーストリアのキッツベールの大会に出場。今日は圭さんとのダブルスで敗れましたが、全米終了後多くの選手たちはヨーロッパに移動しこれらの大会に出場することになるでしょう。そこでグランドスラムである全仏やATP1000の大会のリストに入れない選手たちにとって250大会と開催することは200番以上の選手たちにとっては非常にありがたい機会になります。突然の追加発表で選手たちも驚いていることでしょうが、ATPスタッフの協力(選手に大会の選択をアドバイスする)を得ながら、ベストに近いパフォーマンスが発揮できるよう期待したいと思います。

圭サンの復帰戦を祝してTennis.TVがベストショット集 [YouTube Tennis]

【キッツベールでは緒戦で逆転負けでしたがコートに戻ってきました】
01.jpg

https://www.tennisworldusa.org/tennis/news/ATP_Tennis/91210/kei-nishikori-takes-positive-notes-from-kitzbuhel-loss-setting-eyes-on-rome/
アメリカのテニスサイトである“Tennis World”では圭サンの復帰戦の見出しで「敗北からポジティブなメモを取り、ローマに注目」とレポートしています。

【やはり圭さんにはクレーコートがいちばん向いているかもしれません】

Tennis.TVが圭サンの復帰戦に合わせて「ベストショット集」を編集。もちろん強かった時ですので、対戦相手もジョコビッチ、ナダル、ワウリンカなどなどの強豪揃い。そんな中で素晴らしいショットの連発です。9分15秒の尺ですが、最後の1ポイントはジョコビッチのマッチポイントでの反撃。すごいラリーでポイントを取った時に「してやったり顔」がナイスです。アナウンサーの驚きのコメントがなかなか笑えるくらいなべストショット集です。

バケツ型・トートバッグ/ボールバッグに新色を追加 [NOBU ITEM]

【テニスボールが100個入る(容量は22リットル)大型サイズです】
1.jpg
昨年新作として作ったボールトートバッグに「紺」を追加しました。
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2019-07-27

【両サイドにNOBUのマーキングを入れています】
2.jpg

品番:NG-04_NEW
サイズ:左右41センチ、天地43センチ、直径26センチ、ハンドル62センチ。
価格:¥3.200-(税込) 色:生成に紺のハンドルと全部紺仕上げの2色です。
素材:コットン100%、12オンス 内容量:22リットル

【店内のディスプレイはこんな感じにしてみました】
3.jpg
ソールが丸形で、荷物をある程度入れると、座りも安定します。
内側にはドットボタンのフックをつけ、小さな内ポケットもあります。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

大坂なおみチャンのシューズに注目 [TENNIS LINKS]

【全米オープンのTwitterで紹介された、自身手書きのメッセージ】
01.jpg
https://twitter.com/usopen/status/1302816490744426496
「Home is where the heart is」とサインとともに手書きされたシューズに注目です。この言葉はことわざで「家庭とは愛情があるところ」とか「故郷は遠くにありて思うもの」という意味だそうです。マスクは今日までで4枚。残りはあと3枚です。ガンバレ!

【毎日新聞が“シャイでいるのはもう終わり”を深堀りしています】
02.jpg
https://mainichi.jp/articles/20200907/k00/00m/050/119000c
米国各地で広がる「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)」運動に賛同し、積極的に発信しているなおみチャン。なぜ彼女はBLM運動を支持するのか? 今年6月から専属トレーナーを務め、出場中の全米オープンや前哨戦を含め行動を共にしている中村豊さんにインタビューした記事が掲載されました。テニスが止まっていた間なおみチャンが何を考え、こんなに大胆に主張をするようになったのか?色々と考えさせられます。このところよくアップされる写真では、日の丸がプリントされた赤のシャツを見に纏っているのも、彼女のひとつの主張なのではないでしょうか?

【そして今日でベスト8進出】
03.jpg
https://www.facebook.com/usopentennis/
なおみチャンにはがんばっていただきましょう!

DefaultとWithdrawalの違い [YouTube Tennis]

【全米オープンでジョコビッチはDefaultになった/この場合、失格と解釈するんですね】
01.jpg

今でもそうだと思うんですが「デフォっちゃった」という表現を日本人はしますね。「明日どうしても用事があるからマッチポイントデフォした」なんてことも昔ありましたね。しかしそれは日本語の解釈の違いで、自分の意志(または事故などがあり会場に行けない)場合は「Withdrawal」なんですね。今回のジョコビッチの件でドローにはどう表記されるのだろうと思っていたら「Default」でした。あらためて「デフォった」という言葉について、坊主は関係なく(笑)再考しなければなりません。

【やらかしたニュースの映像】

ジョコビッチに関しては、新型肺炎の世界的な感染拡大期間に、自国周辺の地域でエキシビションを行ない、感染者が出るなどのお騒がせのあと、ATP選手評議会の会長であるにもかからわず、新組織を作るために辞任すると声明を出したりと、ナンバーワンの立場には相応しくない「?」な行動がちょっと気になります。そもそもATPが設立されたときの理念(選手による選手のための組織)にひずみが出てきているのでしょうか?

【こちらはボールがぶつかった、ちょっと笑えるショット集】

本当はシャポバロフがデビスカップ英国戦の時に主審にボールをぶつけた映像とか、ナルバンディアンがイーストボーンの大会で線審の囲いを蹴ってケガをさせた映像とかをアップしようかと思ったのですが、あまりに悲惨なので、ちょっと笑える「ボールがぶつかった」です。楽しくご覧ください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

再入荷商品のお知らせ [INFORMATION]

【Wide Zip Tote Bagが再入荷しました】
06.jpg
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2020-03-06
NOBUでは「Web Catalog」でご紹介した商品はなるべく在庫を切らせないよう、品薄になったアイテムは、追加制作をしています。ご注文をいただく際に時々ご迷惑をお掛けすることもありますが、欠品していてもタイムリーにお渡しできるよう務めています。

【コットン素材の長袖シャツもリストックです】
04.jpg
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2017-07-17

【Practice Makes Perfectもリストックしました】
05.jpg
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2016-06-28

【TOKYO TENNIS Capも再入荷】
04.jpg
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2019-08-02
         https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2019-07-30

【ラリー柄も生地の色を若干替えて、リメイクしました】
01.jpg
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2016-07-06

【霜降り生地のHoodyも秋を前にして在庫は万全です】
01.jpg
アイテムの詳細は:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2020-03-25
ご注文をいただいた時になるべく在庫切れがないように心掛けています。

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

NOBU 38th Anniversary Fair も継続中 “記念Tシャツをプレゼント!”

遂に錦織圭サンが再起動 [TENNIS LINKS]

【アメリカを出国してオーストリアに到着した模様をATPがレポートしています】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/nishikori-kitzbuhel-2020-hahnenkamm
全米オープンの2週目から始まる、ATP250のキッツベールに出場する予定の圭サンが現地到着後、有名なスキーリゾートで毎年ワールドカップアルペンの会場であるハーネンカム(雄鶏の櫛)を訪れた画像がアップされました。レポートでは「ヒジのトラブルで1年間の休暇がありましたが、気分が良いです。 今では100%だと感じているので、キッツビュールでの良い1週間から始めたい」とコメントしました。

【ご自身のFacebookでも動画などを交えて楽しい登山を紹介しています】
02.jpg
https://www.facebook.com/keinishikori/
ATP250・キッツベールの大会サイトでは出場予定選手にティエム、ズベレフ、ベレッティーニ、フォニーニなどの顔ぶれが出ていますが、ニューヨークで勝ち残れば、出場はできませんのでどんなドローができるか?そして圭サンがどこまでリカバーした姿を見せてくれるか?興味深いトーナメントとなりそうです。WOWOWが「圭さんの試合のみ緊急放送を決定」というページを見つけました。オーダーオブプレーが発表されてからの配信時刻が決定すると思われますので、復帰第1戦はお見逃しなく!ということですね。がんばって!

定番デザイン“NOBU 国際大会”のDry Tee-Shirts [NOBU ITEM]

【どうしてこのデザインでドライシャツを作っていなかったんでしょう/第3弾】
01.jpg
かぶりパーカ2時間リックなどで使っている「NOBU INTERNATIONAL TENNIS CHAMPIONSHIPS」のデザインですが、なぜドライシャツで作っていなかったのか?「Web Catalog」を整理していて灯台もと暗しに気がつき、“Property of TEAM NOBU ”“NOBU Racket Club”と同様にプレーンなドライシャツでお作りしました。定番デザインの第3弾。全部で4色です。紺や白のパンツに合わせてお召しになるときれいです。

【基本色は白/プリントは濃紺です】
02.jpg
このデザインに白は必須。架空の国際大会に出場した記念のシャツです。

【何度も紹介する今年のオススメカラーは、このインディゴブルー】
03.jpg
今年は紺ではない色目をわざと選んで新製品を出しています。オススメはこのインディゴ。
もちろん従来のデザインでの紺ベースアイテムも豊富に取り揃えています。

【グレーの霜降りは、ほぼほぼ「NOBU」の定番色でもあります】
04.jpg

●品番:NT-14_New 価格:¥3.200-(税込)
●サイズ:男女兼用の、M、L、XL、の3サイズ
●色:白、インディゴ、グレー、ブルー(ご紹介の上から)の全4色
●素材:ポリエステル:100%のドライタイプ
●サイズチャート(㎝でのサイズ表記です)
 M:身幅/50、身丈/68、L:身幅/53、身丈/71、XL:身幅/56、身丈/74

【ブルーの霜降りは、グレー同様にほぼほぼ「NOBU」の定番色です】
05.jpg
ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/
前の20件 | -