SSブログ
前の20件 | -

9月までの営業日を公開しました [INFORMATION]

【営業日のカレンダーを9月末までアップです】
01.jpg
http://www.tennisfactory.co.jp/info/info.html
3ヶ月ごとに営業日を更新しています。4月に入ったので7月から9月までのスケジュールをアップしました。新型肺炎の影響で、毎年お手伝いをしているイベントなどが中止となっていますので、基本的には日曜を祭日をお休みしています(週中の祭日は営業です)。お買い物やお問い合わせなど、皆さまのお越しをお待ちしています。

【通信販売での送料は無料です】
02.jpg
ページの[↓]の方です:http://www.tennisfactory.co.jp/info/info.html
外出は控えてと云うお客さまへの送料は無料としています。もちろんご来店時にお買い上げいただき、お帰りの際にお荷物になる方にもこちらで荷造りして無料でお送りします。ご遠慮なくお申し付けください。以前は送料のところを「大きな×マーク」だけにしていたのですが、分かり易く表示し直しました。Tee-Shirts1枚からお送りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

【39周年記念シャツプレゼントも継続中です】
01.jpg
店頭でも通信販売でも1万円以上お買い上げのお客さまにプレゼントしています。
NOBU 39th Anniversary Fair 開催中 “記念Tシャツをプレゼント!”
お好きな色とサイズをお選びください。

デビスカップ・ファイナルの会場が決まりました [TENNIS IMAGE]

【マドリッドの他、インスブルックとトリノでの共催となります】
01.JPG
国際テニス連盟からの「デビスカップ・メールマガジン」で、今年のデビスカップ・ファイナルズはオーストリアのインスブルックとイタリアのトリノがスペインのマドリッドと共にを共同開催すると発表しました。2019年から採用された新しいフォーマットでのデビスカップはマドリッドで全参加国を一同に会し開催され、深夜にまで及ぶ対戦などもあり、ヨーロッパ圏内の3会場で予選リーグを行ない、準々決勝の1部から決勝までをマドリッドにすると云うプランが立っていましたが、昨年は(COVID-19)のパンデミックにより1年延期となっていました。第1回大会はナダルの大活躍でスペインが優勝しました。

【会場ごとの対戦も発表されました】
02.JPG
今年の開催は11月25日から12月5日まで、3カ所共にインドア・ハードコートです。国際テニス連盟は“カリフォルニア・サーフェス”というコートの施工業者と昨年10月にパートナーシップ契約をしたので、この会社が3カ所のインドアを同じサーフェスに仕上げるのでしょうか?いずれにせよコンディションは同じにしないとマドリッドにたどり着いた時にハンディが生じるのは避けたいですしね…。
この一覧で分かるように、各都市は6つの予選グループのうち2つずつを主催。インスブルックとトリノでは2つのグループ以外にも、準々決勝の1対戦が行われるようです。果たして有観客で行なわれるのか?11月末までに世界はどうなっているのか?誰も予測できません。国際テニス連盟はこの開催地発表の最後に「他の会場からマドリッド入りする選手たちが円滑に移動できるよう、アクセスがよくてプレーコンディションが似ている2つの都市を見つけることが重要だった」と説明しています。日本は今年のファイナルで戦うことはできませんが、ここに集結する世界のトップ選手たちが、ベストコンディションで、ナイスバトルを魅せてくれることに期待します。

鈴木貴男が遂に引退 [YouTube Tennis]

【鈴木貴男自身のホームページで引退を発表しました】
001.JPG
http://suzukitakao.jp/
先週末に開催されたチーム戦“JPTT 盛田正明杯”を最後に現役引退を発表した貴男クン。いつかはこの時が来るとは思っていましたが、遂にこの時が来ました。従来ならば観客席がイッパイの全日本選手権の男子決勝の後とかに盛大なセレモニーとかを用意してあげれば良かったのでしょうが、先が見えない中での今のテニス界(世界全体の話でもありますが)では残念でなりません。でも長い選手生活の中、あれだけテニスファンを楽しませてくれた“サーブ&ボレー”のテニススタイル。きっと忘れることのできないひとりでした。これからも色々な意味でテニス界に貢献してくれると思います。引き続き、がんばってください。

【最後の勇姿は花束で…】
01.jpg
https://www.facebook.com/JapanPremiumTennisTournament/
貴男クンの引退セレモニーの画像がたくさんアップされています。

【ミスター・デビスカップの最多〇〇の記録集です】
002.JPG
http://suzukitakao.jp/?page=page4
とにかくデビスカップに出場することが大好きでした。最初に観戦したのは1996年に大坂の靭で行なわれたオーストラリア戦で、岩渕聡さんと組んだダブルスでウッディーズとの対戦(デ杯でデビューは95年のフィリピン戦)でした。あれから25年。長いこと日本のテニス界を引っ張って来てくれました。もう誰もこの記録は破れないでしょう。

【ラストマッチと引退のセレモニーがGaora SportsのYouTubeにアップされました】

最後となった試合の対戦相手は、昨年度の全日本選手権優勝者の中川直樹。解説は西岡良仁。対戦は負けますが随所に貴男クンらしいタッチショットを見せてくれます。

2時間テニスのリックサックをリメイクしました [NOBU ITEM]

【発売以来好評をいただいている“2時間テニスバッグ”の黒のデザインを変更しました】
001.jpg

今までの黒のバッグはコート柄の“NOBU TENNIS TEAM”と云うデザインで販売していましたが、オーソドックスなこちらのデザインに変更しました。仕様や価格に変動はありませんので、今まで使い勝手の良かったお客さまには新しい柄としてご検討いただければと思います。シンプルな仕上がりですので内ポケットなどはありませんが、自転車や徒歩で、チョットテニスに行く時にはとても便利なリックです。

【新規カラーバリエーションはこちらの4色です】
002.jpg

アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2017-06-20

品番:NG-02_NEW
サイズ:左右30センチ、天地44センチ、マチ14センチ。
価格:¥3.200-(税込) 色:茶、黒、紺、グレーの4色です。
素材:ポリエステル100% 内容量:18リットル

バッグのカラーでプリントのパターンが違います。
その日のテニスウエアの色目に併せてコーディネートしてください。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

マイアミは思わぬ伏兵が優勝しました [YouTube Tennis]

【今年初めてのマスターズは予想しない展開になりましたが面白い動画がアップ】

毎回主要大会が終了するごとに“Tennis TV”がアップする楽しいひとときを期待するようになってきました。コルダのジャグリングや、選手の表情など、マイアミでも様々なシーンがあったようです。まだツアーは本格的に戻って来てはいませんが…。

【マイアミでのべストショット集がこちらです】

今年のマイアミは、26シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)が、21シードのヤニック・シナーを7-6(4)、6-4のストレートで下して、自身初のマスターズ初優勝を決めました。フルカチュは3回戦で6シードのデニス・シャポバロフを破り、4回戦で12シードのミロシュ・ラオニッチを、準々決勝では2シードのステファノス・チチパスを、準決勝で4シードのアンドレイ・ルブレフと4人のシード勢を撃破しても決勝進出でした。彼はこれまでの優勝経験がATP250大会のみでしたから、まさしく新星の登場と云って過言はないでしょう。

【次のマスターズはモンテカルロです】
01.jpg
トップからは、ドミニク・ティエム、ロジャー・フェデラーの出場はありませんがそれ以外の選手は集結します。フランステニス連盟は今年の全仏オープンの開催を1週間遅らせるとアナウンスしましたが、ロックダウンが続いている訳ですからこと延期も予断を許さない状況にあるでしょう。ティエムは自身のホームページでちょっと休養は必要だと発表していますが、フェデラーと同様にバルセロナあたりからツアーに戻ってくる気配です。速いこと通常のスケジュールに戻って欲しいと皆さん思っていると思うのですが…。

ミニ・トートバッグのフルラインナップです [NOBU ITEM]

【ピースマークの“LOVE TENNIS”に新色を追加しました】
小ぶりなトートバッグです。コートに入る時の必需品入れにいかがでしょう?
01.jpg
02.jpg
オレッジを廃番にしてロイヤルブルーを追加し全部で8色です。

品番:NG-03 素材:12オンス、綿100%  
大きさ:左右30㎝、天地20㎝、マチ10㎝。容量:4L
色目:上段左から、紺、赤、ロイヤルブルー
   下段左から、ブルー、イエロー、ピンク、ミントの全部で7色
価格:¥1.200-(税込み)

【こちらはユニセックスなデザインで、2色の展開です】
「ちょっとコンビニエンスストアへお買物」で、お使いください。
03.jpg
アイテムの詳細は:https://tennis-nobu.blog.ss-blog.jp/2020-07-20

品番:NG-12 素材:12オンス、綿100%  
大きさ:左右30㎝、天地20㎝、マチ10㎝。容量:4L
価格:¥1.200-(税込み)色はロイヤルブルー(左)と紺の2色です。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

車いすテニスの斎田悟司さんが聖火リレー [Tennis Books]

【四日市のタウン誌に紹介された三重県内での聖火リレーの様子】
01.jpg
https://www.you-yokkaichi.com/2021/04/07/13175/
タウン誌のレポートでは「 東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーが4月7日から2日間、三重県内を回る。同県のスタートは四日市市。ロス・ソウル五輪マラソン代表の瀬古利彦さんが三重県の第1ランナーとして登場」「ゴールの四日市市役所前では、諏訪太鼓の演奏とマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」が、四日市市の最終ランナーで車いすテニスプレイヤーの齋田悟司さんを迎えた」との報道です。

【現場の動画は下記のリンクからご覧ください】
https://twitter.com/Tokyo2020/status/1379698001007013894?s=20
齋田さんは、1996年のアトランタから6大会連続でパラリンピックに出場。2004年のアテネでは国枝慎吾さんと組んで、男子ダブルスで金メダルを獲得。さらに、2008年の北京、2016年リオでもダブルスで銅メダルを獲得している、日本の車いすテニスの草分けのひとりで、まさにレジェンド。国枝さんも斎田さんのようになりたいと、住まいを柏に移し、TTCで練習を共にしていました。斎田さんのカミソリのようなバックハンドは、健常者でもまねができないほどの切れ味があり、人格的にも素晴らしい方です。昨日は自身のFacebookで「聖火リレーを務めます」とアップしてました。余談ですが斎田さん、2003年には国際テニス連盟から日本人選手として初めて「世界車いすテニスプレーヤー賞」も受賞しています。まだまだ現役ですので、さらなる結果を心待ちにしています。

昨年の全日本の好勝負が続々アップされています [Tennis Online]

【TennisOnlineで昨年のナイスマッチが毎週公開されています】
01.jpg
https://www.tennisonline.jp/top.jsp
昨年の全日本テニス選手権は無観客で、有明のインドアコートのみを使用して開催されましたが、期間中は毎日4面のライブ配信があり、楽しませていただきましたが、その動画のストックが続々と公開されています。この対戦は“8シードの山﨑純平が、1シードの清水悠太を破りベスト4入りした試合”。日本のテニス界を背負うであろう期待のふたりが好試合を演じ、年長の山﨑が全日本3度目の対戦で清水に土をつけました。

【上杉海斗と今村昌倫の同門対決は後輩の今村が勝利】
02.jpg
大坂の清風高校、慶應義塾大学の同門対決は2年後輩の今村が勢いに乗り勝利した試合です。今村はこの後もシード選手を次々に倒し決勝に進出。初優勝の中川直樹に完敗したものの、この春からはプロとして選手活動をするそうで、所属はGODAIになり、ウエアをシューズはMIZUNOからサポートを受けると自身のSNSで発表しています。

【1回戦屈指の好カードだった、ベテランの片山翔と清水悠太の対戦】
03.jpg
スコアは、○清水悠太 6-7(12),6-3,[10-3] ●片山翔
3セットのフルマッチだったら、どちらに転んでも不思議ではない対戦でした。片山のフォアの逆クロスは高校生の頃からの武器ですが、第1セットでは面白いように炸裂していました。対する清水は前年準優勝で今大会は第1シード。第2セットから落ち着いて巻き返しました。全日本選手権ならではの緊張感漂う好試合です。

Billiey Jean King Cupのメンバーを発表 [TENNIS LINKS]

【日本代表は全員が初選出です】
01.jpg

https://www.billiejeankingcup.com/en/home.aspx
女子の国別対抗戦「ビリー ジーン・キング・カップ(旧フェドカップ) のプレーオフ「日本対ウクライナ」(4月16、17日/ウクライナでの開催)の日本代表メンバーが発表され、内藤祐希、村松千裕、秋田史帆、佐藤久真莉の4選手が選ばれました。

内藤祐希(シングルス169位/ダブルス435位)
村松千裕(シングルス225位/ダブルス424位)
秋田史帆(シングルス394位/ダブルス685位)
佐藤久真莉(シングルス785位/ダブルス855位)

【ウクライナは、ほぼベストメンバーを組んできました】
02.jpg

エリナ・スビトリーナ(シングルス5位/ダブルス647位)
マルタ・コスチュク(シングルス84位/ダブルス118位)
カタリナ・ザワツカ(シングルス125位/ダブルス394位)
ナディヤ・キッシャノック(シングルス880位/ダブルス45位)
リューメラ・キッシャノック(シングルス--位/ダブルス46位)

16ヵ国がホーム&アウェー方式で争うプレーオフの各対戦は3セットマッチで行なわれ、初日にシングルス2試合、2日目にシングルス2試合とダブルス3試合の順に行なわれます(先に3勝したチームの勝利)で行われる。各対戦に勝利した8ヵ国が来年の予選ラウンド出場権を獲得し、敗れた8ヵ国は地域ゾーンのグループ1に降格します。ベストメンバーを揃えて来たウクライナとの対戦は厳しい対戦になりますが、若返りを図った“新生・土橋JAPAN”がどのような戦いを挑むか楽しみにしたいと思います。

40年以上前にいただいたタオル [Tennis Collection]

【誕生日のお祝いにいただいたタオルを今でも使っています】
01.jpg
40年以上前のタオルです。以前“中央物産”と云う商社が、アメリカの“UTICA”社が製造していたタオルを輸入して、スポーツの様々なカテゴリーのマークを日本国内で刺繍を施し販売していたものです。もうボロボロになっていますが、流しの横で手ふきタオルとして元気にがんばっています。

【当時はテニスのピストグラムがこんなイメージだったのでしょうか】
02.jpg
バックハンドのハイボレーって感じでしょうか?40年以上前なのでもちろんラケットはウッドをイメージしているのでしょう。身体のバランスは今ひとつな仕上がりですが、当時なこのようなテニスアイテムは少なかったですから、反対側に名前などを刺繍してのギフトにはもってこいだったかもしれません。

【製造メーカーの織りネームは現在もヘタっていません】
03.jpg
UTICA(ユーティカ)はアメリカ・ニューヨーク州にある街の名前でもありますが、このタオルメーカーは現存していて、“Macys”などの高級ブランド百貨店で販売されています。この当時はアメリカ国内で南部の綿花をそのままタオルにしていましたが、現在はコスタリカなどの中南米の工場で製造しているようです。このタオルもバイアステープとの間に隙間が出てきていますが、クタクタになるまで使い続けたいと思う愛用の品です。

38周年記念のデザインをリメイクしてプロパーアイテムに [NOBU ITEM]

【アーチのプロパティ・オブ・NOBUで、過去にどれだけのデザインを出したか?】
01.jpg
現在行なっている“39周年・アニバーサリーフェア”では「39」の文字で、“Thank You”に引っ掛けてデザインして、¥10.000-以上お買い上げのお客さまに1枚プレゼントしていますが、38周年の時はオーソドックスなデザインで、フェアが終了後、生地と色目を替えて定番にしようと考えでデザインしました(38の数字はあえて入れず、1981年創業だけを明記)もちろん販売もしていましたが、完売したので今回再登場となりました。ドライタイプの4.4オンス生地はしっかりとした素材なので、プレーには最適です。

【渋めな色目の“フォレストグリーン”です】
02.jpg

●品番:NT-05_New 価格:¥3.200-(税込)
●サイズ:男女兼用の、M、L、XL、の3サイズ
●色:グリーン、サックス、ミディアムブルー、オレンジ(ご紹介の上から)の全4色
●素材:ポリエステル:100%のドライタイプ
●サイズチャート(㎝でのサイズ表記です)
 M:身幅/50、身丈/68、L:身幅/53、身丈/71、XL:身幅/56、身丈/74

【夏に向けては爽やかな“サックスブルー”です】
03.jpg

【インディゴとサックスの中間色ということで“ミディアムブルー”です】
04.jpg

【濃いめのオレンジは“サンセット・オレンジ”です】
05.jpg

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBU 39th Anniversary Fair 開催中 “記念Tシャツをプレゼント!”

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

テニスではない選手たちのバトル [YouTube Tennis]

【こちらは“バウンス・チャレンジ”ピンポン球との勝負です】

シュワルツマン、やる気満々。シチパスは筋肉痛?ATP Tourも色々考えます。

【ATPカップの選手がアラウンドザワールドチャレンジに挑戦】

隔離されたホテルの1部屋で挑戦するアレックス・デミーノが凄い。

【ツアーファイナル出場者に30球のボールを4段に積み上げさせるゲーム】

ズベレフは意外に器用な指感覚を披露。ティエムは全体的にOKです。
2分以内に積み上げられたのは3人(16+9+4+1)の30球です。

【ツアーファイナル優勝者を何人挙げることができるか?】

昨年のツアーファイナルは50年目のイベントでした。第1回目は日本での開催で、東京都体育館で行なわれ、スタン・スミスが優勝しました。そこから始まったツアーファイナル。果たしてトップ選手たちはどのくらいテニスの歴史をご存知なのでしょうか?
シチパスが選手の名前を全てフルネームで呼ぶことに敬意を表します。

杉山愛チャンの引退記念マグカップ [Custom Made]

【2010年に引退したときのパーティで参加者のお土産となったマグです】
001.jpg
杉山愛チャンは、1975年7月5日・横浜出身の45才。愛チャンが生まれたこの日は「澤松和子さんがウィンブルドンの女子ダブルスで日本人女子選手として初めてグランドスタムタイトルを獲得した日」として、テニス界トリビアでもよく出る話題です。キャリアでは、WTA自己最高ランキングでシングルス8位、ダブルス1位。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでは38勝を挙げています。まあ愛チャンのキャリアをここで書いても仕方がないことですが、澤松さんとの奇遇が25年後に愛チャン自身がグランドスラムダブルスで初タイトル。その後グランドスラム優勝4回は日本人最多を記録。また、2015年にロジャー・フェデラーに抜かれるまでグランドスラムシングルス大会連続出場「62回」のギネス記録を保持していました。本当に息の長い選手生活でした。

【イラストレーターに似顔絵を描いてもらい、サインは本人からの仕上がり】
002.jpg
引退後はご自身が新設した「パーム・インターナショナル・テニスアカデミー」で普及活動をしたり、テレビのテニス中継の解説者を務めたり、情報番組のコメンテーターとして出演したりと様々な活動をしていますが、プライベートでも2011年に結婚し、15年には男児を出産、そして現在、45才にして第2子を身籠ったそうです。めでたし、メデタシ!

守屋宏紀が安藤証券の所属に [TENNIS IMAGE]

【今日のリリースですが、エイプリル・フールではありません】
02.JPG
http://www.ando-sec.co.jp/attention/news/20210401ek_01t.html
2008年にプロに転向し、北日本物産と所属契約がずっと続いていた守屋宏紀が安藤証券と4月1日付けで所属契約を締結したと同社が発表しました。守屋はツアーが中断された中でも練習を積んでいて、チャレンジャーが再開されるや否やヨーロッパに行き、現在も大会がある場所を転々と回っています。

【所属先のパッチでバストアップの守屋宏紀】
01.jpg

【2011年に連載していたコラムで書いた“守屋宏紀のこと”を思い出したので転載】
ーー「はにかんだ笑顔の奥にある静かな闘志」ーー/2011年8月の記事です
守屋宏紀。
1990年10月生まれの20才。荏原SSCでテニスを始め、02年全国小学生準優勝。05年全国中学、全国選抜ジュニア単複優勝。06年全日本ジュニア16才以下、トヨタジュニア単優勝。08年全日本ジュニア(単)、高校総体単複優勝とジュニアのタイトルを総なめに。国内の戦績以外にも08年スーパージュニア、アジアジュニア準優勝などのキャリアで、国際テニス連盟のジュニアランキングでは最高位17位を記録し、湘南工大附属高を卒業と同時にプロに転向した。

初めて彼のテニスを見たのは02年の全小の決勝戦。ちっちゃいのにいろいろなショットを持っていて、破れはしたものの将来性を感じた。それから4年後の06年の全日本選手権。ハードなA予選を3回勝ち上がって本戦入り。2回戦で杉山記一に破れたが「高校1年生でここまでやるかねえ」と感心したことを覚えている。もちろんメディアからのリクエストで記者会見を設けたが、負けた直後にもかかわらず、終始笑顔を絶やさず、受け答えもはっきりしていて、「高校1年生でここまでしっかりしているかねえ」と再び関心してしまったことも覚えている。

それから2年後、全日本ジュニアのチャンピオンに与えられるワイルドカードで出場した全日本では、ノーシードからベスト4に進出。しつこい権伍喜、翌年引退するとはいえ第2シードの本村剛一、脂ののりきった松井俊秀を連破したことで、これはシニアでも十分通用するのではないかと実感した。準々決勝で敗れた松井は会見で「守屋はどんな選手?」と聞かれ「彼はボクに背中を向けてガッツポーズしているんだよ」と苦笑いをし、「相手を挑発するようなことをしない、静かな闘志を持ったクレバーな選手」と答えた。

あの頃は身長170センチ、体重60キロと華奢な体つきだったから、大学に進学するのかなと思っていたが、北日本物産のサポートとジュニアからのコーチである谷澤英彦さんの指導を継続してもらえることがありプロに転向した。小学生だった頃のテニスを思い出して、あの子が実際プロになると聞いたときは何となくうれしかったな。

プロ転向後、フューチャーズ優勝など少しずつ実績を作りつつあるが、まだまだ発展途上。いい試合をしていても負けてしまうこともある。このことは本人が一番わかっているだろうし、ジレンマも相当あると思う。今はまだ体をつくる時期だし、あせらずにがんばってほしい。

宏紀はオンコートでのリーダーシップも持っている。ボクがいつも宏紀、江原弘泰、関口周一、内山靖崇たちのジュニア卒業直後の坊やたちに向かって「お子ちゃま軍団」と茶化して言ったりしているが、彼らは宏紀を中心にして本当によく練習して、トレーニングしている。錦織圭、添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一たちの第1グループに続くのは、この「お子ちゃま軍団」であることは間違いない。このメンバーで切磋琢磨し、次のの日本テニス界を引っ張っていく日を心待ちにしている。

ーーこの原稿からハヤ10年。グランドスラムの常連目指して、がんばれ!ーーー

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

土居諒太クンがNoteでコートの大きさを解説 [TENNIS LINKS]

【土居美咲チャンのお兄ちゃんでテニスコーチの諒太クンが毎週情報を公開しています】
002.JPG
https://note.com/mr_service_drt
毎週水曜日に“Note”で様々なテニスネタの情報を発信している諒太クン。今週のテーマは「テニスコートの比率(ヤード表記)考えられること」と題して、普段練習や試合などでよく使っているテニスコートですが、実際にどのぐらいの長さで、どのぐらいの比率で成り立っているかご存知でしょうか?と問いかけています。なぜ小数点が必要な中途半端な数字になっているのでしょうか?テニスコートがメートル法が採用されている国ではなく、ヤード・ポンド法が採用されている国で作られたことによります。と註釈し下のコート表記で解説。

【ヤードで表現することで分かり易いコートの大きさです】
001.jpeg

諒太クンの解説は以下の通り。
シングルスコートで考えると、コートの横幅は9に対して、縦の長さは26になり、約1:3の比率になります。このことからテニスコートは縦に長く、横幅が狭いので、サイドを狙い過ぎると簡単にサイドアウトしてしまう可能性が高いと言うことがわかります。これをわからずにサイドアウトを連発することを私はサイドアウト病とよく呼んでいますが、これを解決する方法があります。それは、ネットのセンターベルトを利用する事です。思わず相手側のコートの地面にターゲットを置いて狙いがちですが、それよりももっと近いネットのセンターベルトの上空を狙って打つと、自動的に相手のコートのクロス側にボールが飛んでいきます。もちろんコートの外側から打つときは浅くうたないとサイドアウトしてしまいますが、角度をつけようとする時には、常設物であるセンターベルトを目標に狙う方が明らかに簡単だと思います。何も情報がない中で正確なテニスコートを描くことはできないと思いますが、こうして数字や比率を知ることでテニスコートの仕組みが分かります。その仕組みを頭の中に入れておくと、どういう点に注意すればいいかがわかると思いますので、紙とペンを用意して実際にテニスコートを書いてみるのもいいかもしれません。そしてほんの一例ですが、ネットのセンターベルトを利用してサイドアウトを防ぐと言うことも、テニスコートの仕組みを利用した意識となりますので、参考にしてみてください。

毎週水曜日に更新するテニスネタは非常に興味深く、「ああ、なるほどね」「そういう角度からは考えてもみなかった」などの分かり易い解説で安定感のある連載になっています。深く読むと時間がかかりますが、毎週あっさり読んでみてもいい話題を提供してくれます。

全国選抜中学校テニス大会が終了しました [TENNIS LINKS]

【テニスマガジンオンラインが現地取材でレポートしています】
001.JPG
https://tennismagazine.jp/article/detail/15182
全国選抜中学校テニス大会(男女共に団体戦のみの開催)は香川県営総合運動公園テニス場で、3月29日(月) に男子が、3月30日(火) に女子が、大会日程はそれぞれ1日で消化する運営で、1対戦を3面進行の1シングルス・2ダブルスの団体戦で行なわれました。

【こちらが大会結果で左が男子、右が女子の各々24本のドローです】
02.jpg
レポートはテニスマガジンオンラインでお読みください。

【男子は第2シードの浪速(大阪)優勝】
004.jpg
男子の決勝は第2シードの浪速(大阪)が第3~4シードの岡山大教附(岡山)を2勝0敗で下し、同大会では初の日本一に輝きました。浪速は2018年と19年にも決勝に進出していましたが、いずれも準優勝だったのでうれしい初優勝です。

【女子は第2シードの小平市立小平第二(東京)が優勝】
005.jpg
女子は、第2シードの小平市立小平第二(東京)が第1シードの山陽女学園(広島)を2勝0敗で下して4年ぶり2度目の中学校テニス大会を制覇を果たしました。

最年少で「No.1」になった10人を紹介 [YouTube Tennis]

【ATPランキングが始まってから10人の最年少No.1選手をカウントダウン】

このカウントダウンは納得の編集です。
10:マルセロ・リオス/22才94日 1998年3月・マイアミでアガシを破り優勝
9:ラファエル・ナダル/22才76日 2008年8月シンシナチの優勝で
8:ジミー・コナーズ/21才330日 1974年7月 本人のコメントもあり
7:ピート・サンプラス/21才243日 1993年4月マイアミの優勝で
6:ジム・クーリエ/21才177日 1992年2月
5:ビヨン・ボルグ/21才78日 1977年8月
4:アンディ・ロディック/21才65日 2003年11月・パリインドアで
3:ジョン・マッケンロー/21才16日 1980年3月・マイアミで
2:マラト・サフィン/20才298日 2000年11月・パリインドアで
1:レイトン・ヒューイット/20才268日 2001年11月・シドニーで
フェデラーもジョコビッチもマレーも入っていないのですね。意外でした。

【レイトンは今でも現役です】
01.JPG
https://www.atptour.com/en/players/lleyton-hewitt/h432/overview
ATPのサイトでは引退した選手を「INACTIVE」と表示していますが、ヒューイットは2020年にアデレードと全豪オープンのダブルスで本戦でプレーしているので、引退選手扱いになっていません。今年の7月には“国際テニス殿堂入り”することにもなっていますので、この素晴らしい(多分誰も破ることができないかもしれない)最年少「No.1」記録を讃えたいと思います。“NEXT GEN”などもない時代に起こったことです。すごい!

【NOBUの歴代ランキング1位シャツはこちら】
01.jpg
https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2020-03-15
NOBUがオープンした1981年から、歴代1位にランクされた選手たちを列記したシャツです。デザインの関係で偶数にならなかったので、右の行のいちばん下には「Who in Next」となっていますが、次はメドベージェフが来るのかな?

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
もちろんご来店もお待ちしています:“NOBU STORE HOURS

NOBUでは“通信販売送料無料キャンペーン実施中(新型肺炎/全世界完全終息宣言まで)”
詳しくは:https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/

全国高校選抜が無事に終了しました [TENNIS LINKS]

【現地からの速報をレポートしたテニスマガジン】
0003.JPG
https://tennismagazine.jp/article/detail/15181
昨年は開催が中止となった全国高校選抜ですが、今年は団体戦、個人戦共に最終日まで無事に開催されました。男子の団体戦は、相生学院(兵庫)が湘南工大附(神奈川)を3勝1敗で下して2大会連続5度目の優勝。女子は第1シードの四日市商(三重)が岡山学芸館(岡山)を3勝2敗で下して初優勝。四日市商業は1勝2敗と追い込まれた場面からの逆転劇に「掲げてきたチーム力で、全員がお互いをカバーしながら戦うことができた」と金山敦思監督(四日市工業[→]早稲田大学庭球部卒)が語ったそうです。同校は2017年に南東北インターハイで優勝を果たしていて、高校選抜では今回が初優勝。おめでとうございました。

【個人戦のドローは団体戦敗退高同士からのスタートなので変則です】
001.jpg

個人戦は田中佑(湘南工大附)と五十嵐唯愛(四日市商)が優勝です。男子の田中は今大会団体、個人共に無敗でタイトルを獲得しました。個人戦は団体戦出場チームの登録No1の選手が対象で、団体戦が終了すると個人戦トーナメント表の指定位置に名前が入る変則ドローを採用しています。予選および本戦1回戦から4回戦までは8ゲーム、準決勝と決勝は3セットマッチで行われました。優勝した田中と五十嵐は、全米オープンのジュニア部門の予選の出場権(日本枠ワイルドカード)を獲得しました。がんばってください。

【速報で観戦していましたがこんな表示を見つけてしまいました】
02.JPG
団体戦の速報を見ていたのですが、第3シングルスになった時に、ボクのチェックでは2対戦にこのような表示が出ちゃっていました。結構笑えたのですかさずスクリーンショットしました。会場内で多くのコートを使っての進行で速報をあげるのは、とても大変な現場が理解できているのですが、ダミーの入れ方がなかなか微笑ましかったので…。テニスマガジンさん、引き続き会場からの速報、楽しみにしています。今回もご取材お疲れさまでした。

JPTT・盛田正明カップの詳細が分かってきました [TENNIS LINKS]

【正式名称は“Japan Premium Tennis Tournament 盛田正明杯”です】
001.jpg
http://jptt.info/jp/
4月10日(土) と11日(日)に2日間に開催される“実業団、大学、高校のトップチームが集まる団体戦”の詳細が、公開されたホームページで明らかになりました。出場するのは橋本総業HD、三菱電機ファルコンズ、レック興発、伊予銀行、MS&AD三井住友海上、慶應義塾体育会庭球部、早稲田大学庭球部、柳川高校、相生学院、選手会選抜の10チーム。トーナメント方式で、対戦は1セットマッチ。シングルス2ポイント、ダブルス1ポイントの合計3マッチを選手4名で戦うというもの。まだ詳細は発表されていないのが観客の有無で、これ観戦できたら面白いかもしれません。今後の更新をチェックです。右端・志賀チャン。

【Facebookページも立ち上げて、各チームの紹介をしています】
003.jpg
https://www.facebook.com/JapanPremiumTennisTournament/
【慶應義塾大学は新エースの羽澤慎治/上の清水悠太はジュニア時代のチームメイト】
002.jpg
【三井住友海上は全員が会社員・監督の佐々木健は後輩です】
004.jpg
面白い対戦が見られるかもしれません。動画配信もあるでしょうから期待しましょう。

ゴルフの契約選手用、転写シール [Custom Made]

【アイロン下圧着できる転写シールをお作りしました】
01.jpg
02.jpg
特殊な紙にイングジェットで印刷してラミネート加工をする“転写シート”です。今回はゴルフ場を運営する会社の本社がNOBUの近くにあり、ご担当の方が「プロ選手とゴルフ場が契約し、キャップの脇にマークを入れたい」と云うお問い合わせで、デザインを拝見したところ、再現性を優先させると刺繍で作るワッペンだと細い文字や線がきれいに上がらないことと、数量が少ないのであれば「型/パンチカード」を制作するコストなども含め、この転写紙をお勧めしました。上のデザインの左側にある「丸マーク」、下の画像に方は左の菱形マークに「文字」が入っていますが、きれいな仕上がりとなりました。この後は特別な圧着機(約1トンの圧をかけ熱処理をする)で、仕上げるのが我々の仕事ですが、急な場合や1回限りの使用であるならば、生地に合わせた温度でアイロン処理でも問題ありません。圧着後、上にかぶせた透明のシールをはがすだけです。
マーキングに関すること、何でもお問い合わせください。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
お問い合わせは support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160
前の20件 | -