So-net無料ブログ作成

ITFジュニアファイナルをご存知ですか? [TENNIS IMAGE]

【ジュニアのツアーファイナルのような形式です】
01.jpg
https://www.itftennis.com/news/313439.aspx
国際テニス連盟が主催する18歳以下のジュニア大会の最終戦「2019・ ITF ジュニアファイナル」が昨日まで中国の成都で行なわれ、日本からトップ8の選手として男子は望月慎太郎が、女子は川口夏実が選出され出場しました。試合のフォーマットは男女共に8人の選手が2つのブロックに分かれ予選リーグ戦を行ない、上位4名の準決勝と決勝、下位4名同士の5〜8位決定トーナメントという形式。この大会ではツアーファイナルと云う性格上なのか?ジュニアの大会にも関わらず渡航費と云う名目でその結果に応じて$7,000-から$15,000-が支給されたようです。

【望月は4位、川口は5位という結果に】
02.jpg
https://www.itftennis.com/media/313440/313440.pdf
望月は予選リーグで2勝1敗。準決勝では敗れたものの3位決定戦に勝利。川口が予選リーグ全敗ながら、その後対戦相手の棄権などもあり5位で終えました。ジュニア選手たちにはこういうイベントも重要ですし、モチベーションも上がったことでしょう。将来トッププロを目指す登竜門のような雰囲気を作ってくれていたらありがたいことです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

法政二高テニス部の団体戦応援用ジャケット [Custom Made]

【月曜日のご依頼で木曜日に出来上がりました】
001.jpg
002.jpg
法政二高テニス部のグッズをさまざまなシーンでお作りしています。過去から膨大なデザインのプリント用の版を保管しているので、流通されている無地のジャケットを仕入れて胸と背中に校章を黒でプリントしました。関東高校選抜の神奈川予選が日曜日にあるとのことで、6日前の月曜日にご依頼があり3日後の木曜日にプリント終了。何とかリクエストにお応えできました。結果は残念なことに女子は3位で、男子は4位という結果になり関東選抜の切符は手にすることができなかったようですが、このジャケットを着てチームの応援をした生徒の皆さん、お疲れさまでした。チーム戦としては春の高校選抜の出場権も消滅しましたが、インターハイに向けての準備に入ってください。

ちなみに法政二高は武蔵小杉にあり、物流が未だ不安定との情報があり、仕上がりジャケットは顧問の先生のご自宅にお送りすることで、1日早く手配できたのが何よりでした。武蔵小杉周辺の被災者の皆さんにいち日でも早い復旧がなされることをお祈りします。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

全日本テニス選手権のプログラム [Tennis Books]

【今年の大会プログラムをいただきました】
01.jpg

このブログでも既に紹介したポスターと同じデザインの表紙です。前年度優勝者をリスペクトしてデザインされるパターンも浸透して来ましたね。伊藤竜馬選手と清水綾乃の両選手は今年の大会にはエントリーしていませんが、次の全日本チャンピオンは誰が勝っても初優勝。面白そうですよ。

【過去のチャンピオンが振り返る“私の全日本/九鬼潤”さん】
02.jpg
1945年三重県四日市生まれの九鬼さんは全日本では5回決勝に進み、1980年に優勝。これは男子の最年長優勝記録で今も破られていません。73年にプロに転向したのでこの間の5年間全日本に出場することができなかったことなどの過去などを回顧しています。アメリカの留学から帰国した年にいきなり全日本の決勝に進んだ70年の当時は“九鬼って誰?”とテニス界が騒然としたのをよく覚えています。

【日本のテニスを振り返る/この1年】
03.jpg
昨年の西岡良仁、ダニエル太郎のようなツアー初優勝というトピックはありませんでしたが、内山靖崇の100位切り、杉田祐一の復調、添田豪はベテランに入ってもランキングを維持、ジュニアでは望月慎太郎はウィンブルドンで優勝など、今年も男子テニスは盛り上がりました。デビスカップチームのファイナルの出場権を獲得し、来月はその華の舞台に立ちます。ひとりでも多くの選手がグランドスラムに出場できるように応援していきましょう。

【出場選手一覧がこちら】
04.jpg
本戦は今日から始まります。詳細は下記からご覧ください。
https://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx

スマッシュ・2019/11月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(10/21発売のスマッシュ)】
01.jpg
今月号のスマッシュから、編集内容が大幅に変更になりました。
報道はほとんどなく、技術モノに特化した本作りになりました。これはビックリ!
以前にも紹介しましたが大会レポートなどはホームページなどの掲載になります。

【巻頭は“スピンに目覚めよ”で誌面の約半分を使って特集です】
02.jpg
フラットからスピンへの球種改革、今度こそ片手バックでスピンをかける、どんよりスピンから伸びるスピンへ、応用スピンで球際に強くなるの4項目に分かれ、小野田倫久さんと綿貫裕介さんの解説で“トップスピンが打てれば、あなたのテニスは変わる”がテーマです。

【リキ・マクラクラン(勉チャンのお兄さん)のダブルス講習】
03.jpg
1枚目の画像の右側で扉ページをご覧いただきましたが、UC・バークレーで活躍した勉チャンのお兄さんで、現在勉チャンに付いてツアーを帯同するコーチを務める“リキ”さんがダブルスのスタイルを3種類紹介し、どのようなプレースタイルか?のパートナーと組んだ場合の展開方法について解説しています。ツアーではさまざまな選手とペアを組む勉チャンが、パートナーとどのような連係プレーを展開しようとしているのかも興味深い特集です。

【ヤングスターのスゴ技を盗め!】
04.jpg
技術モノの第2弾はこちら。ジュニア育成に尽力している谷澤英彦さんが望月慎太郎のグランドストローク、デミノーのフットワーク、ガウフの合理的な力の使い方、アンドレスクのパワーとスキル、アリアシムのバランス感覚などを分解写真を使っての解説です。子供たちはみんな身体の使い方が柔らかいですね。うらやましい!

【プロの上達法は関口周一さん】
05.jpg
ジュニア時代はITFランキングでひと桁をたたき出した周一さん。この1年の結果には目を見張る成長があり、2014年の6月に記録した自己最高ランキング「259位」にまさに戻そうという勢いのある「272位」。チャレンジャー大会が32ドローから48ドローになったことなどでチャンスを掴み、昨年の10月に668位と落としていたランキングを着実に戻して来ています。今年の全日本選手権にもエントリーしていましたが(出場すれば第1シードで、優勝賞金は400万円)、ATPランキングを上げるため、豪州のチャレンジャーを選びました。もう少しポイントを積み上げれば、全豪の予選の可能性もあるので、ここはランキングアップを優先。こういう選手は後押ししたいですね。(おっと上達法はバックハンドです)

テニスマガジン・2019/ 12月号 [Tennis Books]

【月刊テニス専門誌のご紹介(10/21発売のテニスマガジン)】
01.jpg
今月のテニスマガジンの表紙はフェデラー。それもそのはずで、特集ページは“史上最強プレーヤーのテニスを学べ「憧れは、ロジャー・フェデラー」”です。
右画像は大学王座決定戦の報道。男子は早稲田が15年連続、27回目の優勝。女子は筑波が初優勝を遂げたレポートです。男子は今年も関東2強の決勝で慶應義塾が3-6で敗れ、早稲田の牙城を崩すことができませんでした。一方の女子は関西大学が準決勝で慶應を破り決勝進出。関東を制した筑波には3-2の1ポイント差で惜敗しました。レポートは速報のため、詳細は次号でたっぷりとのことです。お楽しみに。

【ジョコビッチがやって来た】
02.jpg
この秋の話題は有明コロシアムの改装とショーコートのお披露目。そして何と云ってもジョコビッチの来日とジャパンオープンでの圧勝でしょう。フェデラー、ナダル、マレーとそれぞれの初登場の時も大きなざわめきがありましたが、それと同様の大騒ぎがあったようです。これでトップ選手全員が有明でプレーをしてくれ、毎年それぞれの新鮮さの中に、トーナメントの成熟度が増したのではないでしょうか。

【巻頭特集はロジャー・フェデラー】
03.jpg
誰もがフェデラーのテニスに憧れる。美しいフォームとオールラウンドで質の高いプレー、38才にしてなお進化を続けるレジェンドの特集は“愛される理由”“進化の戦術編”“進化の技術編”などの項目で大特集。後半は彼の基礎知識など、興味深い分析もあります。

【レーバー・カップの大会レポート】
04.jpg
スイスのジュネーブで3日間に渡って行なわれたレーバーカップは今年も“チーム・ヨーロッパ”が勝利を飾りました。レポートでは“世界でいちばん熱いチーム戦”というリードで、3日間の全対戦を綴っています。来年はアメリカのボストンでの開催が既に決定していて、息の長い開催が続いて行く予感を感じさせます。“チーム・ワールド”がんばれ!

【広島のWTAでは日比野菜緒が優勝】
05.jpg
タシケントで優勝して以来4年斑のツアー優勝となった菜緒チャン。今大会では決勝を戦った土居美咲とのダブルスでも優勝して単複の2冠を達成しました。今年は一度もグランドスラムの本戦入りがかなわなかっただけに国内でのタイトル獲得は嬉しいものになったことでしょう。ランキングのふた桁に戻し全豪オープンのダイレクトが見えるところまで戻って来たので、これからもまた楽しみです。

上地結衣チャン、日本シリーズで始球式 [YouTube Tennis]

【日本シリーズの第4戦で始球式を務められました】
01.jpg
https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50129.html
巨人の菅野、小林のバッテリーと仲良く始球式です。ご存知かと思いますが結衣チャンの所属は“三井住友銀行”もちろん日本シリーズのタイトルスポンサーなので、こんなことが実現したのでしょう。満席の後楽園球場での始球式、さぞかし気持ちよかったことでしょう。

【野球ファンの方からの投稿動画です】


【こちらは正面から】

さずがテニスプレーヤー、座ったままでこれだけ投げられるなんて…
東京パラリンピックに向けて、がんばってください。

Davis Cup Finalのメンバーが発表されました [TENNIS IMAGE]

【日本チームのメンバーです】
japan01.jpg
錦織圭サンが緊急でヒジの手術をすると発表されました。しかし日本チームはこの5人でも充分です。西岡良仁、内山靖崇、杉田祐一、ダニエル太郎、マクラクラン勉です。

【同じ予選ブロックのフランスチーム】
france.jpg
グロージャンが監督になり、モンフィス、ペール、ツォンガ、エルベール、マウの5人。国別ランキングでは1位のフランスはベストメンバーです。

【日本と同組のもう1カ国はセルビア】
serbia.jpg
ジョコビッチ、ラヨビッチ、クライノビッチ、トロイツキ、そして引退を表明したティプサレビッチもメンバーに入りました。

【アメリカは若手でチームを作りました】
usa.jpg
マーディー・フィッシュが監督を務めるアメリカチームは、テイラー・フリッツ、ラリー・オペルカ、サム・クエリー、フランシス・ティアホ、ジャック・ソックで臨みます。

【地元での開催のスペインはナダルも登場します】
spain.jpg
スペインの監督はセルジ・ブルゲラ。メンバーはナダル、バウティスタ・アグート、カレノ・ブスタ、フェリシアーノ・ロペスなどの布陣でホスト国になります。

【イギリスからはマレー兄弟が出場します】
gb.jpg
英国はエバンス、マレー兄弟だけで充分かもしれません。
どんなメンバーが集まるのか?ちょっと不明な部分のあったデビスカップファイナルですが、昨日発表された18カ国のチームノミネーションには豪華メンバーが揃い、ビックリしています。大会は11月18日〜24日にスペインのマドリッドで行なわれます。

【日本チームのイメージはこんなデザインです】
japan02.jpg
暴れていただきましょう…。
画像はデビスカップのTwitterサイトから引用しました。感謝!

内山靖崇が自己最高ランキングの87位に! [TENNIS LINKS]

【中国のチャレンジャーで優勝し遂に100位を切りました】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/players/yasutaka-uchiyama/u134/overview
靖崇さんのチャレンジャー優勝は今季2度目で通算5勝となり、念願のランキングふた桁入りと果たしました。先週はストックホルムで杉田祐一がベスト4、西岡良仁がベスト8など、日本人男子選手の活躍が目立ちました。

【今は鈴木貴男さんがツアーコーチも】
02.jpg
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004536571661
これは増田健太郎さんのFacebookでの投稿です。今は同じ札幌出身の貴男さんがツアーに帯同(ジャパンオープンの時から)もちろん健太郎さんの指導も受けています。昨年末のランキングは185位でしたからこの1年でランキングを100番上げたことになります。特に先週のチャレンジャーは高額賞金大会でしたから優勝で125ポイント。ジャパンオープンのベスト8で110ポイント、9月の上海の優勝で90ポイントと約1ヶ月で荒稼ぎしたことになります(8月末は141位でしたから…)これでほぼ全豪オープンのダイレクトは決定的でしょう。より上を目指してがんばってください。

川橋勇太クンにレクサスオープンのレプリカ [TENNIS IMAGE]

【川橋勇太クンがご来店になり、レプリカをお渡ししました】
01.jpg
川橋クンは今年最も成長した選手のひとりかもしれません。春の関東学生と関東オープンで2連覇を果たし、ITF1万5千ドルのレクサス東京オープンで国際大会初優勝。インカレではベスト4で敗れましたが、その後の関東学生リーグでが2部のナンバーワンシングルスで全勝。チームは敗れましたが入替戦でも単複で勝利、その後は茨城国体の東京チームでシングルスで全勝と、筑波大学卒業後にプロ転向に向けて好調の波を保っています。レプリカが出来上がり川橋クンに連絡をしましたが、上記のような過密日程だったため、なかなかお渡しできずにいましたが、一昨日、韓国からの遠征の帰りに空港からそのままお越しいただき、ようやくお渡しすることができました。嬉しそうな笑顔です。

【6月に行なわれたレクサス・東京オープン優勝のレプリカです】
02.jpg
決勝戦は一昨年のインターハイ3冠で現在は“UC・バークレー”に在籍する菊池裕太クンとの“ユウタ対決”で、1セットダウンでマッチポイントを握られながらの大逆転勝利で川橋クンが優勝を決めました。ジュニア時代にこれと云った優勝経験のない彼が今後プロに転向してどんな成績をおさめて行くのか?興味深く応援して行きたいと思います。大学卒業プロ選手の成功を願います。がんばってください。陰ながら応援します。菊池クンもね。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

ティプサレビッチが引退 [YouTube Tennis]

【35才になったセルビア人のティプサレビッチが遂に引退です】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/tipsarevic-sugita-stockholm-2019-friday
ヤンコ・ティプサレビッチは1984年セルビア・ベオグラード生まれの35才。6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で本格的にトレーニングを積み、2002年にプロに転向し、04年からグランドスラムでプレーする選手に。自己最高ランキングは2012年に記録した8位。ジョコビッチの台頭前にセルビア人選手として活躍したティプサレビッチ。14年は5月に踵にできた良性の腫瘍を切除する手術を2度受け、ツアーを離脱。本人のコメントでは「カカトの8割を切除」する大掛かりな手術だったそうで、その後復帰、ケガなどを繰り返していましたが、今年を最後に引退すると発表していて、今週行なわれたストックホルムオープンでは2回戦で第1シードのフォニーニを下しましたが、昨日の準々決勝で杉田祐一にファイナルタイブレークの末に敗れ、ラケットをおきました。長い間の活躍お疲れさまでした。ちなみに錦織圭サンとの対戦成績は、ティプサレビッチから5勝0敗という相性で、圭サンの行く手を阻まれた大きな壁でもありました。

【ベストショット集】

粘り強いストローカーというイメージですが、ネットプレーも多彩でした。

【どの選手の刺青がすごいかを選手たちにインタビューしています】

ティプサレビッチの左腕にくっきり彫られているのは「美しさが世界を救う」という日本語の文字なのはご存知の方も多いと思います。ドストエフスキーの小説「白痴」からの引用とのこと。日本では反社会的な方々という意味合いのある「Tatoo」ですが、彫り物をしている選手の多いこと多いこと。ワウリンカがいちばんだったようです。そのワウリンカの彫り物を商品化してしまったのがNOBUのこのデザインです。

【気にすることはない。前より上手に失敗すればいい】
02.jpg
https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2016-01-23
ワウリンカの左腕に彫られているのはこの言葉です。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

2時間テニスリックに5色目のブラウン登場 [NOBU ITEM]

【紺、グレー、黒、赤に続いて茶色の登場です】
001.jpg
2時間テニスバッグのコンセプトは、ちょっとテニスに行く時、テニスウエアで自転車に乗り、ラケット2本と着替えとタオルとちょっとしたモノを入れる容量のリックです。
茶色にはシャツの背中などで使っている“大きなラケット”のデザインを使いました。

【ショルダーがしっかりしているので安心です】
002.jpg

品番:NG-02
サイズ:左右30センチ、天地44センチ、マチ14センチ。
価格:¥3.200-(税込) 色:紺、グレー、黒、赤、茶の5色です。
素材:ポリエステル100% 内容量:18リットル

【全部で5色のラインナップ/デザインが全て異なります】
003.jpg
どうですか?このバリエーション。その日の衣装によってコーディネートしてください。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

青学大・庭球部のMVP-Hoody [Custom Made]

【毎年恒例でお作りしている、年間優秀選手に送られるパーカです】
01.jpg
オーソドックスな霜降りグレーのかぶりパーカにアメリカ・アイビーリーグのダートマス大学風なダークグリーンでプリントしました。このグリーンは青山学院大学でもよく使われているカラーで、学生たちにもなじみがあるかと思い提案しました。デザインパターンは毎年恒例の版を使用し、その年度によって生地の色やプリントカラーを変更しています。

【袖のプリントも毎年使用しているパターンです】
02.jpg
プリントのインクと刺繍糸はテクスチャーが違うので仕上がり感が同じようにはなりませんが、限りなく指示色に近いダークグリーンです。毎年の年号と受賞内容(MVPなど)、個人名を刺繍入れしてお渡ししました。今回の授賞式は10月12日(土)の予定でしたが、大型台風の影響で会合がキャンセルとなりましたが、受賞者には後日贈呈されたようです。来年の獲得を目指して、現役部員の皆さんがんばってください。今年は2枚だけの制作でしたが、良い結果を残すと受賞人数に制限はないそうです。

カスタムメイド制作は1枚からでも「OK ! 」デザインサポートはお任せください。
詳細は右記からご覧ください。 http://www.tennisfactory.co.jp/team/team.html

神戸チャレンジャーのリストが発表されました [TENNIS IMAGE]

【11月4日から始まる国内最後のチャレンジャー大会です】
01.jpg
https://hyogo-tennis-as.com/hyogochallenger/
ATPから大会に出場する選手のアクセプタンス・リストが発表になりました。詳細は兵庫チャレンジャーのサイトでご確認いただけます。そして大会のホームページでもイベントなどの情報が続々と告知されています。試合観戦はもちろん無料な上、アトラクションも全てが無料ですから、1週間の期間中、是非会場に足を運んでみてはいかがでしょう。

【300番台の選手までがダイレクトで入りました】
02.jpg
日本人選手では、内山靖崇、添田豪、杉田祐一、伊藤竜馬、守屋宏紀などのトップ選手がエントリー。カットラインを上回ったのは関口周一、今井慎太郎、清水悠太らも出場します。また、昨年ダブルスで優勝したサンティラン晶、一昨年のチャンピオンであるヒョン・チュン、リー・ダックヒーもリストに入りました。チャレンジャー大会としては相変わらずな豪華メンバーの名前が揃いました。本戦の前日(日曜日)には、シード選手たちの公開練習も予定されていますので、トップ選手たちがどんな準備をしてからコートに入るのかなどを見ることができるかもしれません。11月第1週はブルボン・ビーンズドームが注目です。

圭さんがダンテとのコーチ契約を解消 [TENNIS LINKS]

【圭さんが自らのTwitterで契約解消を発表】
02.jpg
https://twitter.com/keinishikori
「毎日共にに練習してきた。そろそろ新しい言葉を聞く時だと決断。自分のテニスの中で彼の貢献には感謝している。今でも仲のいい友人であり、9年間ありがとう」とコメントしました。マイケル・チャンらのスタッフは継続するらしく(詳細は発表されていませんが)既に新しいコーチは既に絞り込まれていると各社が報道しています。

【コーチのダンテもFacebookでコメントしました】
01.jpg
https://www.facebook.com/dante.bottini
ダンテ・ボティーニは1979年、ブエノスアイレス生まれ。西フロリダ大学を卒業してプロに転向するも自己最高ランキングは827位。その後IMGアカデミーのコーチとなり、2011年から圭さんと専属コーチの契約を結び、以後9年間、ツアー生活を共にしました。その後マイケル・チャンがアドバイザリー・コーチとなり全米で準優勝。ふたりのコーチ体制で圭さんをサポートしてきました。ダンテさん、長い間、お疲れさまでした。次は誰のコーチに就任するのか楽しみです。Facebookのアップを楽しみにしています。

伊藤潤さんが福岡にテニスコートを作っちゃいました [INFORMATION]

【佐賀龍谷[→]早稲田[→]九州電力の伊藤潤さんです】
01.jpg
https://jstruct.jp/
大分県出身で中高は佐賀龍谷で全日本ジュニア、インターハイなどで活躍、国体優勝などの実績を持ち早稲田大学に進学、3年でインカレチャンピオンになり、同期の片山翔らとともに大学王座の4?7連覇に貢献。ユニバーシアードの日本代表として出場し、JTAランキングでもアマチュアトップの19位まで行きました。卒業後はプロに転向するのかと思っていましたが、地元の九州電力に就職。社会人プレーヤーとして日本リーグや全日本選手権(九州選手権/優勝5回)国体などで活躍。潤さんは東京に来るとNOBUまで足を運んでくださり、よく食事などもご一緒させていただきましたが、今年3月に退職し、自前のテニスコート2面(借地ですが)とオシャレなクラブハウスを作っちゃいました。

【この顔で思い出す方も多いと思います】
05.jpg
最後の全日本選手権では1回戦敗退でしたが、改装前の有明コロシアムでご家族(奥さんとお子さんとご両親)が揃って観戦されていたのを思い出しますし、井上明里と組んだミックスダブルスで優勝と、たくさんの試合を観戦しました。最後のインカレではベスト4で田川翔太に敗れましたが、良い試合を見せてくれました。

【J STRACTというのがクラブの名称です】
02.jpg
「J」は伊藤潤のイニシャル。「STRUCT」/2つの言葉Instruct(指導する) construct(組み立てる・構成する)に由来する3つの思いからネーミングしたそうです。

【Facebookもインスタグラムももちろんあり】
04.jpg
https://www.facebook.com/JSTRUCTtennis/
10月1日にグランドオープンした日、多くのイベントを開催した模様をたくさんの画像でチェックすることができます。コートは8月末には出来上がり、既にメンバーでのプレーはできていたようです。多くの生徒さんなども集まっているようで、順風満帆な船出のようです。砂入り人工芝のサーフェスにロゴを入れrというのは初めて見ました。カッコイイ!

【豪華メンバーが揃ったオープニングパーティーです】
03.jpg
潤さんの独立を祝して集まったのは早稲田メンバー。左から冨崎優也、土橋登志久、伊藤潤、前原健太郎、廣田耕作。ジュニアの頃からのライバルと恩師が駆けつけました。
【J STRUCT】お近くの方、覗いてみてはいかがでしょう?
■所在地=〒819-0022 福岡県福岡市西区福重2丁目12番3号

イズナーが4年連続で1000本のサービスエース! [TENNIS IMAGE]

【通算11,898本のエースは、イボ・カルロビッチ選手の13,508本に次ぐ歴代2位
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/isner-1000-aces-tribute
上海マスターズの3回戦でイズナーはジョコビッチに敗れてしまいましたが、この試合でも9本のサービスエースを決め、4年連続ATPツアーで1.000サービスエースを達成。通算6年で1.000エース達成はゴラン・イワニセビッチに並ぶ大記録だそうです。また、通算11,898本のエースはイボ・カルロビッチの13,508本に次ぐ歴代2位の記録とのこと。愛称は「ビッグジョン」通算6回の明細は(2010.12.13.16-18)で、年末のエースリーダーとしてシーズンを終了しています。また2010年に1試合あたり17エースを平均しましたが、2018年には22に増え、34才にしてまだまだ進化しているとレポートされています。

【キャリア・サービスエースの本数】
①カルロビッチ/13.508本 ②イズナー/11.898本 ③:フェデラー/11.225本です。
(身長:211㎝)     (身長:208㎝)     (身長:185㎝)

【そのイズナーが有明でのフェデラーとのエキシビションで相手になることが決定】
02.jpg
今年のマイアミの決勝戦はこのふたりが戦いました。写真は友人のカメラマン“佐藤ひろしさん”からいただいたものです。圭サンのケガでの欠場でいったい誰が来るのか?NOBUにご来店になった皆さんと毎回話題になりましたが、アンディー・マレーでなく、ディミトロフでもなく、シャポバロフでもなく、ジョン・イズナーで決まりました。対戦では、7-6.6-7でファイナルは10ポイントのマッチタイブレーク突入し(10-8でイズナーがフェデラーに花を持たせる)というシナリオを描いてみました。さてその結果は?

2015年の全米オープン・刺繍キャップ [Tennis Collection]

【頂き物シリーズ・10月の第3弾は全米オープンのキャップ】
001.jpg
友人の自宅で箪笥の肥やしになっていたキャップをいただきました。ボクもなんだかんだと断捨離を実行中ですが、自分には不要なものと、差し上げたら喜ばれるものと、断捨離は紙一重です。このキャップのようにグランドスラムもの、海外トーナメントグッズなどは自分が行きたくても行けないところからのお大事ですから、いつも本当にありがたくいただき、ある時は飾り、ある時は見せびらかし、ある時は着たり被ったりと愛用しています。いつも両手を拡げておましていますので、引き続きよろしくお願いします。

【2015の年号入りビンテージキャップ】
002.jpg
US OPENの文字はフェルトで三重になっています。あらかじめ接着代で張り合わせて、1文字ごとに1枚のワッペンにして最後にステッチしているのでキャップの内側には針のあとが1ストロークしかありません。なかなか面白い製造方法です。海外ものはこういうところで勉強になることも多く、まだまだ知らないこともあるんだと、再認識。日々勉強です。

あす、10月12日は台風を想定して臨時休業 [INFORMATION]

【明日、12日(土)は大型台風を想定して臨時休業とさせていただきます】
 振替で14日(月・休日)は11時から18時の営業とします。
01.jpg
http://www.tennisfactory.co.jp/info/info.html
大型で非常に強い台風19号が日本列島に近づいています。勢力を保ったまま12~13日に西日本から東日本に接近し、東京エリアにも上陸するおそれがあるそうです。羽田発着の航空便はほぼ全便が運休、首都圏の公共交通機関も運転を見合わせる可能性などもあり、NOBUは「10月12日(土)を臨時休業」とさせていただきます。但し14日(月・休日)は台風も通過する予想ですので、11時から18時の間、振替営業いたします。

9月の台風15号の時は床下浸水の受難がありましたので、今回は入口部分の排水の確認と、ドアの目張りをしっかりと行ない、災難に備えたいと思います。皆さまもどうぞご用心のほど準備をしてください。ご迷惑をお掛けしますがご理解の程、よろしくお願いします。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

パリ五輪のプロモーションバッグ [Tennis Collection]

【既に決定したパリ五輪のプロモーション用のバッグをいただきました】
0001.jpg
東京五輪の時もそうでしたが、五輪招致のためにさまざまなプロモーション活動が行われます。このバッグは会場などの説明会に取材したメディア用に配布された“粗品”です。既に2024年はパリに決定しましたが、決定前には東京と同様に“五輪のマーク”は使用できないので「パリ・2024」とだけ刺繍が施されていて、紺地のシンプルなバッグです。但し内部はパソコン収容の仕切りやペンサックなども仕切られていて使い勝手のいい構造になっているので、いただいた翌日から自転車通勤のお供になっています。自宅にあっても“タンスの肥やし”になるだけなので良かったら使ってくださいと持ってきていただきました。喜んで、愛用させていただきます。ありがとうございました。

【パリ・2024/分かるヒトには分かる、ひと品です】
0002.jpg
テニスがもちろんローランギャロでの開催。東京よりもコンパクトなファシリティーで行なわれる“パリ五輪”どんなにオシャレな会場になるのか、楽しみですね。

大学王座決定戦が始まりました [TENNIS LINKS]

【大学生の集大成・大学王座が始まりました】
01.jpg
https://twitter.com/alljapangakuren
今年も大学王座決定戦が“愛媛県総合運動公園”で始まりました。今まで気がつかなかったのですが、全日本学生テニス連盟がTwitterを開設していて、ここからの情報発信がいちばん早いことに気がつきました。どうぞリンクからご覧ください。
今年の大学王座は男子の第1シードが早稲田で、第2シードが慶應。女子は第1シードが筑波で、第2シードが慶應というドローです。前年の準決勝で関西勢2校が共に敗退したことで、上下のシードは関東勢になったことによるシードの作成だと思います。明日は2回戦、関東の1位、2位の登場は11日(金)からで、決勝と3位決定戦は13日の日曜日。台風の影響もありますが、予備日を設けているので、14日には終了するでしょう。男子は早稲田の連覇が継続するのか?女子は慶應が筑波とどう戦うのか?今年も興味深い大学王座になりそうです。是非Twitterで最新情報をゲットしてください。