SSブログ
YouTube Tennis ブログトップ
前の20件 | -

フェデラーがダートマス大学の卒業式に登壇し祝辞を [YouTube Tennis]

【ロジャー・フェデラー財団を通じた慈善活動への貢献が認められ、
 ダートマス大学から名誉人文学博士の学位を授与されたことを含めてのスピーチ】

English Celebrity Speechというチャンネルがこのスピーチの翻訳版をYouTubeにアップしてくれましたのでご紹介します。

【ロジャーは3つの重要な教訓を卒業生たちに送りました】
1)「楽な勝利なんて神話だ」ということ。史上最も優雅なプレーヤーとされるフェデラーだが、強調したのは裏にあったハードワークや規律、忍耐強さといった価値観の大切さだ。「ほとんどの場合、才能があるかどうかではなく、気概があるかどうかだ」と語っています。

2)「たかが1ポイントに過ぎない」ということ。フェデラーは、キャリアの1526試合で実に80%以上の勝率を残し、103ものタイトルを獲得している。しかし、ポイントで見ると54%しか取っていないという。つまり、どんな選手でも全てのポイントを取ること、完璧にやることなど不可能。それを認め、対処する方法を学ぶことが大事だと説き、それはテニスだけでなく、人生も同じだと仰いました。

3)「人生はコートよりも広い」ということ。世界トップ5に入っていた時でさえ、フェデラーは旅行や文化、友情、そして家族などを大切にし、実りある人生を送ろうとしてきたと言い、学位につながった慈善活動もまさにこの考えに沿うものだろうと語りました。

そして終盤にはラケットを取り出してレッスンもしたりしています。

最後には「どこかの街で私を見かけたら、20年後でも30年後でも、白髪でも髪がなくても、呼び止めてこう言ってほしい。『あの日、私はそこにいました。2024年の同級生なんです』と」と親密に語りかけました。そして結びにに人生をテニスに例えて「どんなゲームを選ぶにせよ、ベストを尽くしてください。ショットを狙ってください。何でもやってみてください。そして何よりも、お互いに親切にしてください。そして楽しんでください」
いや〜〜感銘を受けました。

ウィンブルドンのベスト4が出揃いました [YouTube Tennis]

【こちらの4選手が勝ち上がりました】
best4.jpg

今年のウィンブルドンの後半戦は降雨のためスケジュールがかなり厳しくなっているようで、混合ダブルスの決勝が最終に日に、男女ダブルスの決勝は土曜日に変更になったそうです。

【準々決勝のダイジェスト/Carlos Alcaraz vs Tommy Paul】


【準々決勝のダイジェスト/Daniil Medvedev vs Jannik Sinner】


【4回戦のダイジェスト/Holger Rune vs Novak Djokovic】


【準々決勝のダイジェスト/Lorenzo Musetti vs Taylor Fritz】

フランス人の子供たちが選手のモノマネ [YouTube Tennis]

【特によく似ているわけではないのですが、次々に出てくるのが笑えます】

ワウリンカから始まるこのモノマネ、大して似ているわけではないのですが、「俺も俺も」と次々に出演するのが笑えます。なんといっても最後はブノア・ペールで、ラケットを叩きつけて折ってしまう(予め折れているラケットを用意しているのがまるわかり)ので最後も笑えます。

【こんな選手のモノマネもしていますわ】

もっと上手い方のたくさん知っていますが、こういうのってアリです。

こんなボール拾いができたら便利です [YouTube Tennis]

【名付けて「functional tennis ball picker」だそうです】

https://www.kollectaball.com/
メーカーのサイトからは「世界最速のボールコレクター」との宣伝文句。
小さい方で約70イギリスポンドなので、¥15.000-くらい。こりゃ買いですね。

FedererのTwelve Final Daysの公開を記念して [YouTube Tennis]

【Twelve Final Daysのプロモーションが行われています】

ロンドンのテムズ川にかかるタワーブリッジに、突如現れたプロジェクションマッピングでは、子供の頃のフェデラーとLaver Cupでプレーする大人になってからのフェデラーがラリーをしています。これは6月20日から公開される「Federer: Twelve Final Days」のプロモーションの一環らしく、盛り上がりを見せているようです。まだAmazon Prime Videoでは鑑賞する事ができませんが、楽しみですわ。ロジャーマニアの皆様、ご期待ください。
01.jpg

今年のクレーコートシーズンのベスト20ショット集です [YouTube Tennis]

【クレーコートはボールマークが付くだけにナーバスなジャッジもありがすが‥】

TENNIS TV.が今年のクレーコートシーズンのベストショットを編集しアップしました。
感想から言うと、どんどん知らない選手が増えて来ているなと言うのが実感です。
とは言え、流石にクレーコートとあってテクニックのある選手が勝ちますね。

【そしてもう最後になるかもしれない、ナダルのクレーコートシーズンのダイジェスト】

さすがに衰えは隠せません。ここまで本当によく頑張ったと思います。
最後はパリオリンピックでひと花咲かせてください。長い間ありがとう。

小田凱人マニアから再生動画の第2弾をご紹介 [YouTube Tennis]

【GQ JAPANの動画シリーズ「The Equation」に小田くんが登場です】

この動画の解説では「小田選手が大切にしているアイテムやスタイル、美学、そして「考え方」を徹底解剖。彼の夢から醒めない方程式(Equation)に迫ります。」
TOKITOくんはまだ18歳でこの発言。車いすテニス界のすべてのタイトルを獲得し引退したら、国会議員、また総理大臣にになれる人格と風格が既に存在しているような気がします。

【一つひとつのコメントが明確でわかりやすいのも凱人クンのクレバーさを感じる要因】

無限の可能性を感じます。

小田凱人くん全仏オープンの2連覇おめでとう [YouTube Tennis]

【ドキュメンタリー「WHO I AMパラリンピック」にに小田くんが登場しています】

IPC & WOWOWドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AMパラリンピック」では世界最高峰のパラアスリートに迫る企画モノです。パリパラリンピックで大注目のアスリートたちに迫るシリーズの中に小田くんが登場しました。かっこいい仕上がりです。

【最近朝のテレビコマーシャルでよくお会いするようになりました】


【ナイキのコマーシャルで多くのストーリーを知ることができます】

「What Are You Working On?|NIKE JAPAN」リードでは
史上最年少で全仏オープン制覇を果たし、世界ランキング1位の座を獲得した17歳の車いすテニス選手、小田凱人。9歳の時に骨肉腫を発症しサッカー選手の道を諦めるものの、主治医に勧められ始めた車いすテニスに夢中になった。それからわずか5年、14歳にして世界ジュニアランキングで1位を獲得してからも数々の最年少記録を打ち立て続け、その勢いはとどまることを知らない。現在は海外遠征で世界中を飛び回る小田凱人とともに、彼の故郷である愛知県一宮市を訪れ、病気を発症した時のことや支えてくれた家族や友人たちといった原点を振り返りながら、夢を追い続けるその姿に迫る。とあります。

いよいよ迫るパリパラリンピック。誰もが彼の活躍に期待しています。

圭さんもナオミちゃんもちょっとドロー運が残念でした [YouTube Tennis]

【圭さんはベン・シェルトンに2セットダウン後にリタイア】

プロテクトランキングで出場した錦織圭さん。1回戦はフルセットで勝利を収めましたが、2回戦は残念ながら途中棄権。でも随所に圭さんらしさを出した試合内容でした。

【元女王が現女王にファイナルセットでマッチポイントを奪うも惜敗】

ファーストダウンから、セカンドを奪い、ファイナル5-2リードですから、こりゃナオミちゃん、行ったかなと持っちゃいましたが最後はやられちゃいました。でも出産後の試合を見ているとリカバーできているとみなさん思っているのではないでしょうか?芝で大化けするかもしれませんよ。何だか期待したくなってきました。もちろんパリ五輪も。

フェデラーとナダルが「ルイ・ヴィトン」の広告に登場 [YouTube Tennis]

【イタリアのドロミテで撮り下ろした最新コア・ヴァリュー広告キャンペーン】

「ルイ・ヴィトン」の広告キャンペーンに起用されたテニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラーと、ラファエル・ナダルの2人がインタビューで見せた仲良し具合がなかなか良し。モノグラムのバックパックを背負い、イタリアのドロミテ山脈を登ったようです、インタビューでは初めて出会った時のことが語られています。雪の降る中でヴィトンのトランクに座りおしゃべりをするふたり。髪には雪が積もっていますが、良いシーンです。

【語り継がれる旅がある/ルイ・ヴィトンの日本語サイト】
vouiton.jpg
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/stories/core-values-campaign?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=PUBL_CORPORATE_FB_JP_JPN__20240520_CORP_BRAND&utm_content=13494926752#behind-the-scene
お揃いのバックパックを背負い、ドロミテ山脈を登る様子も公開されています。著名なフォトグラファー アニー・リボヴィッツが撮り下ろしたそうです。

ドミニク・ティエムが引退を表明 [YouTube Tennis]

【大好きな選手のひとり、ティエムが引退を発表しました】
thiem.jpeg

ティエムは、1993年9月オーストリア・ウィーナー・ノイシュタット生まれの30歳。両親がテニスコーチの家庭に生まれ、6歳でテニスを始める。14歳の時にジュニアとしてのキャリアをスタートさせ、2011年の全豪オープンジュニア男子ダブルスでベスト8。全仏オープンジュニア男子シングルスで準優勝ののち2012年にプロに転向。2013年にはITFサーキット2大会、チャレンジャー2回の優勝を飾りATPランキングを139位にまで上げました、2020年には全米オープンで悲願の初優勝。その後慢性的な足のケガ、手首の故障など相次ぎトーナメントから離脱。何度も復帰を目指したましたが、5月10日自身のSNSを通しこのシーズン限りで現役を引退すると発表しました。キャリアでは自己最高位はシングルス3位、ダブルス67位。ATPツアーでシングルス17勝。残念すぎる引退ですが、勇気ある引退です。
※画像はツアーの仲良しのディエゴ・シュワルツマンとローランギャロの練習コートで。

【動画はフェデラー、ナダル、ジョコビッチとの対戦中のナイスショット集です】

フェデラーに続いて片手バックハンドの名手の引退。お手本が少なくなっていきます。
一番印象に残っている試合は2019年のインディアンウェルズのマスターズでフェデラーを破って初優勝した時でしょうか。当時は25歳の若者が王者に立ち向かう勇敢さを感じた時かな。グランドスラム決勝でビッグ3になかなか勝てず、苦しみを味わい自らのケガから必死に戦っていた姿を見てきたファンとしては、、彼はきっと良い指導者になるのではないかと思っています。これからも観客席で姿が見られることに期待します。

ディミトロフが復活したストーリーがダイジェストに [YouTube Tennis]

【グリゴール・ディミトロフの復活:北京2023以降のベストショットとその瞬間】

自己最高ランキング3位のグリゴール・ディミトロフ。しかし不調が続き2019年8月にはそのランキングも78位にまで落としてしまいましたが、昨年昨年大ブレークしてトップ10に戻ってきました。北京のATP500での活躍からトップ10に返り咲くまでのディミトロフのスーパープレーをTENNIS TVが編集してアップされました。常にネットを取ってポイントを取ろうとする姿勢、32歳にして円熟味が増したショットの数々。それでもフィジカルは全く衰えを知らず、機転の良さなどを含め、思わず笑ってしまうようなトリッキーなショットも多く、ディミトロフ・ファンにとってはうれしいベストショット集です。

【自身の「Instagram」でも色々なコンテンツをアップデートしています】
dimi.jpg
https://www.instagram.com/grigordimitrov/
現在はあまり得意ではないクレーコートシーズンなので大きな結果は残せないと思いますが、芝のシーズンに入れば、また驚くような戦果を残すかもしれません。楽しみです。

prime videoで「FEDERER: Twelve Final Days」 [YouTube Tennis]

【2022年現役最後のレーバーカップでの12日間を追ったドキュメンタリー】
roger.jpeg
「FEDERER: Twelve Final Days」は41歳で現役引退となったフェデラーの“現役最後の12日間”に迫ったドキュメンタリーが6月20日から配信されます。
prime videoの発表では「元々はアマチュアのビデオで、一般公開を目的としたものではなく、「家族や友人に見せるため」のものだったとフェデラーは語っている。このドキュメンタリーは、フェデラーが最も弱気になっている姿を映し出し、一般大衆に、そして長年彼の人生を形作ってきたプロテニスに別れを告げる姿を描いている。また、フェデラーの伝説的なライバルであり、友人でもあるナダル、ジョコビッチ 、マレーへのインタビューもあり、彼らの日々の関係についても知ることができる。」としています。

【6月20日からの配信予定のプロモーションビデオがこちら】

楽しみになってきました。

テニスコートのお掃除 [YouTube Tennis]

【こんな動画を拾いました】

ハードコートのクリーンナップです。最後に少しだけ使用前の荒れたコートが登場し、Before & Afterを見ることができます。相当手つかずだったのがよくわかります。
それにしてもこれをひとりでやるのも大変ですね。

【動画は「Mr. Jet Washing」さんのFacebookから】
001.jpg
https://www.facebook.com/mrjetwashing
彼のページからはさまざまなジェットお掃除の動画がアップされていて結構笑えます。

モンフィスとワウリンカが古いラケットで対決 [YouTube Tennis]

【昨年はディミトロフとルブレフがウッドラケットでの対戦でした/モンテカルロ】

今年のアトラクションはモンフィスとワウリンカ。毎年恒例となった古いラケットでの対戦です。モンフィスはアルミ(多分スポルディングのスマッシャー)でワウリンカはスチール(多分ヘッドのエッジ)での10ポイント選手のタイブレークです。ふたり共にグリップを薄く持ち、打球もフラットかスライスを多用。グリグリに打ったらネットの手前でワンバウンドしちゃうのが分かっているんでしょうね。よってなかなか面白いラリー戦が展開されます。ツアーの期間中にこんなイベント(観客も結構いました)も大会の楽しみの一つです。

【モンテカルロではシチパスが久しぶりの優勝です】
montecalro.jpeg
キャスパー・ルードとの決勝を制したシチパスが昨年8月にロス カボス以来で、モンテカルロでは2年ぶり3度目の優勝を飾ざり、ランキングも5位あげて7位に浮上。見事に復活してきました。そして来週はナダルが復帰する予定のバルセロナ。いよいよ本格的な赤土シーズンの真っ只中に突入です。

小田凱人がほっともっとのCMに登場 [YouTube Tennis]

【朝テレビをつけたら、ほっともっとのCMが佐々木朗希から小田凱人に】

こりゃ眉剃ってますね。相変わらず男前で、美味しそうに召し上がっています。

【今週は福岡の飯塚で車いすのジャパンオープンが開催されています】
01.jpg
https://japanopen-tennis.com/
4月9日からジャパンオープンが開催されていて小田クンは第2シードでの出場です。サイトからはライブスコアにリンクしていますので、ぜひご覧ください。

マイアミでのベストショット集です [YouTube Tennis]

【シナーの優勝で幕を閉じたマイアミでのベストショット集がアップされました】

今年のマスターズ・マイアミは面白い試合が続出しました。ジョコビッチはインディアンウェルズでの早期敗退で出場せず、錦織圭さんはワイルドカーで出場するも1回戦敗退。期待のルーネも初戦敗退などと波乱に富んだトーナメントでしたが、ベスト4にはほぼ順当に、シナー、メドべデフ、ズべレフ、ディミトロフが勝ち残りました。TENNIS TV.ではマイアミのトップ10ショットをアップしたので早速埋め込みました。
アルカラスのローボレーも絶妙だし、ディミトロフのバックハンドスライスの深さも素晴らしく、また常に常にネットを取ると言う姿勢も大好きで、シナーのアンティシペーションとコートカバーリングも相変わらず素晴らしく、やっぱりテニスは良いよねと感じるナイスショット集です。クレーコートシーズンに入るともっと面白いでしょうね。

伊藤竜馬と片山翔がダブルスを組んでる [YouTube Tennis]

【今週行われている柏フューチャーズで二人が組んでダブルスに出場していました】

伊藤竜馬は1988年生まれ、パートナーの片山翔は1989年生まれで、この年代は89年生まれの錦織圭さん、88年生まれの杉田祐一を含め、ある意味で男子の黄金世代でした。竜馬は三重県生まれの長尾谷高校、片山は柳川高校でジュニアの頃からのライバル。小さい頃から頃からこのふたりを観てきましたが、まさかダブルスを組むなんて思いもよりませんでした。残念ながらトーナメントではファイナル・マッチタイブレークで1回戦敗退でしたが、楽しい試合を見せてもらえました。片山はまだまだ現役でプレーできそうですね。

また、竜馬は今年の全日本選手権を最後に引退を表明しました。
18歳から18年間の現役生活。自己最高ランキングは60位。よく頑張りました。

内田海智がYouTubeチャンネルを開設しました [YouTube Tennis]

【相変わらずのテンポでツアーの様子などを語っています】

チャンネルのタイトルは「毎日笑顔チャンネル」これからどんな動画がアップされるのか?楽しみではありますが、海智のことですからホームページやブログを含めて、継続性は期待できません。このブログでも公開されたことを紹介してきましたが、本当に更新頻度が低いので優しく見守るしかありません。とりあえず今回の挑戦は、口下手な海智にしては珍しくよく話していますので、それで良しとして、次のアップに期待しましょう。

今季絶好調のディミトロフがアルカラスを撃破 [YouTube Tennis]

【好ショット連発のディミトロフがマイアミで準決勝に進出】

動画は準々決勝の2試合ですが、前半がディミトロフとアルカラスの対戦です。
落ち着いたプレーで終始圧倒していました。ナイスゲーム!。

【5月には33才になるディミトロフ。クレーコートも得意ですからパリ五輪も!】
0001.jpg
ディミトロフさん今季は本当に好調で、開幕戦のブリスベンで優勝、、全豪は3回戦で敗れますが、フランスの250大会で準優勝、翌週のロッテルダム(500)ではベスト4、インディアンウェルズ(1000)では3回戦とコンスタントに実績を残していて、この勝利で2017年に3位を記録した時以来となる「トップ10に復帰」となります。実は結果を残し始めたのは昨年末からで、上海(1000)で準優勝し、パリマスターズ(1000)でも決勝に進出(ジョコビッチに敗れる)していて、この辺りからディミトロフ復活か?と内心思っていました。現在32才のオールラウンダー。これからもアクロバティックなプレーをどんどん見せて下さい。

【追加動画/ズべレフを破り決勝に進出したディミトロフ】

よくネットに出てポイントを重ねました。決勝の相手はシナーです。頑張れ!
前の20件 | - YouTube Tennis ブログトップ