So-net無料ブログ作成
YouTube Tennis ブログトップ
前の20件 | -

ティプサレビッチが引退 [YouTube Tennis]

【35才になったセルビア人のティプサレビッチが遂に引退です】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/tipsarevic-sugita-stockholm-2019-friday
ヤンコ・ティプサレビッチは1984年セルビア・ベオグラード生まれの35才。6歳からテニスを始め、8歳の時から「ニュー・ベオグラード・テニスクラブ」で本格的にトレーニングを積み、2002年にプロに転向し、04年からグランドスラムでプレーする選手に。自己最高ランキングは2012年に記録した8位。ジョコビッチの台頭前にセルビア人選手として活躍したティプサレビッチ。14年は5月に踵にできた良性の腫瘍を切除する手術を2度受け、ツアーを離脱。本人のコメントでは「カカトの8割を切除」する大掛かりな手術だったそうで、その後復帰、ケガなどを繰り返していましたが、今年を最後に引退すると発表していて、今週行なわれたストックホルムオープンでは2回戦で第1シードのフォニーニを下しましたが、昨日の準々決勝で杉田祐一にファイナルタイブレークの末に敗れ、ラケットをおきました。長い間の活躍お疲れさまでした。ちなみに錦織圭サンとの対戦成績は、ティプサレビッチから5勝0敗という相性で、圭サンの行く手を阻まれた大きな壁でもありました。

【ベストショット集】

粘り強いストローカーというイメージですが、ネットプレーも多彩でした。

【どの選手の刺青がすごいかを選手たちにインタビューしています】

ティプサレビッチの左腕にくっきり彫られているのは「美しさが世界を救う」という日本語の文字なのはご存知の方も多いと思います。ドストエフスキーの小説「白痴」からの引用とのこと。日本では反社会的な方々という意味合いのある「Tatoo」ですが、彫り物をしている選手の多いこと多いこと。ワウリンカがいちばんだったようです。そのワウリンカの彫り物を商品化してしまったのがNOBUのこのデザインです。

【気にすることはない。前より上手に失敗すればいい】
02.jpg
https://nobu-catalog.blog.ss-blog.jp/2016-01-23
ワウリンカの左腕に彫られているのはこの言葉です。

ご注文は support@tennisfactory.co.jp  or  お気軽にCall:03-3499-6160

アンディー・マレーが帰ってきました [YouTube Tennis]

【マレー曰く“ボクは改善し続けることができる”】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/murray-beijing-2019-reaction
北京ではアンディー・マレーが、1月28日に右臀部の手術以来、ATPツアーのシングルスで全米オープン準優勝のベッレッティーニとノリーに勝利し、準々決勝まで勝ち残りました。QFではティエムにストレートで敗れましたが、確実に戻りつつあるプレーを見せてくれました。ATPツアーのインタビューに「私はこのレベルですべてのプレーヤーに対して競争力を発揮できるほど十分にプレーしている」「たぶん、トッププレーヤーを倒すほどの一貫性は充分ではないが、世界で10〜20位の選手と対戦できると思う」と話しています。そして来週はワイルドカードを得て(ドローが発表され)、本戦からの出場です。

【ティエムには敗れた準々決勝のダイジェスト】

まだまだフットワークに往時のキレはありませんが、ショットのアイディアは相変わらずうまい!と思わずうなるようなテクニックも垣間見ることができます。

【ノリーに勝利した試合のダイジェスト】

あの体格から放たれる重いボールを1ポイントのラリーで何球も受け続けると、すごいダメージがあります。そのマレーのラリーが確実に戻ってきていますね。

Japan Openの動画は“WOWOW Official”で [YouTube Tennis]

【毎日のダイジェストを無料で見ることができます】
01.jpg
https://www.youtube.com/user/WOWOWofficial/

【3日目/水曜日のダイジェスト】

ジョコビッチのハイボレーをポール回し気味のパスはアッパレの添田豪。

【2日目/火曜日のダイジェスト】

ペールを圧倒した内山靖崇にアッパレ。太郎チャンはコリッチに勝利。

【大会初日/月曜日のダイジェスト】

添田豪チャンmジャパンオープン初勝利。西岡良仁も圧勝!

TENNIS TVの面白動画集が続々アップ [YouTube Tennis]

【ONLY IN TENNISのアップが17項目まで増えました】
01.jpg
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQHHr8gPOsH7QTEzRAeBF1ivDAroEG4Iw

【幸運なショット集】

ドロップショットを処理したサンプラスの返球にベッカーが唖然。
フェデラーのVカットスマッシュも笑えます。

【ラインパーソンの悲劇集】

そう云えば昔はネットアンパイアもいましたね。
ナルバンディアンはこのキックで退場になりました。
オチャメなラインパーソンも多いです。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

明日からスイスで“Laver Cup”が始まります [YouTube Tennis]

【こちらは、チーム・ヨーロッパの選手たち】
01.jpg
https://lavercup.com/
今年のレーバーカップの開催地はスイスのジュネーブ。レマン湖の南端に位置する街です。ホスト選手はもちろんロジャー・フェデラー。昨日からレセプションなどが行われ、毎年恒例の出場選手フォトセッションも行なわれました。ヨーロッパチームはナダル、フェデラー、ティエム、シチパス、ズベレフ、フォニーニの6人。キャプテンはビヨン・ボルグ。

【チーム・ワールドはこの選手たち】
02.jpg
イズナー、ラオニッチ、キリオス、シャポバロフ、ソック、フリッツ、の6選手と、キャプテンはジョン・マッケンロー。試合予定は20日からの3日間で、それぞれシングルス3試合とダブルス1試合が行なわれます。2017年は「15-9」で、18年は「13-8」でそれぞれヨーロッパが勝利していますが、今年はどんな展開になるのか?エキシビションマッチといえども面白い戦いがありそうです。

【ナダルとフェデラーのダブルス/2017のハイライト】


【ジョコビッチとフェデラーのダブルス/2018のハイライト】

今年も楽しそうです。

全米学生の団体戦で日本人選手が大活躍 [YouTube Tennis]

【USTA(全米テニス協会)のYouTubeチャンネルで特集が組まれました】
01.jpg
https://www.youtube.com/user/tennis
フロリダ州オーランドに新設された“USTA National Campus”で全米学生選手権(NCAA)が開かれ、日本で云う1部リーグ(ディビジョン1)の団体戦で、男子で優勝したのはテキサス大学で3勝1敗のシングルスで伊藤雄哉が見事に勝利し、最優秀選手賞も受賞しました。一方の女子はスタンフォード大学が優勝。お母さんは学習院のテニス部だった樋口エマがチームメンバーのひとりで、優勝の輪の中にいます。NCAAの男女の優勝チームに日本人選手がそれぞれ在籍(メンバーとしてプレー)したのは初めてのことではないでしょうか。おふたりとも、おめでとうございました。

【男子はテキサスチームのベスト8からのダイジェスト版】

優勝を決め、倒れ込んでいるのが伊藤クンです。

【女子のスタンフォードもベスト8からのダイジェスト版です】

来年は2017年のインターハイ3冠の菊池裕太の所属するUC・バークレーに期待です。

韓国の「Duckhee Lee」がATPサイトで注目の的 [YouTube Tennis]

【21才の若武者・Duckhee Leeが聴覚障害者として初めてツー本戦で勝利を挙げました】
01.jpg
https://www.atptour.com/en/news/star-of-tomorrow-2015-duckhee-lee
3年前の軽井沢フューチャーズ(25Kの時)で優勝したDuckhee Leeは当時18才。6才の時に聴覚障害を自覚し、もちろん聞こえないということは言語障害もあり、ツアーには必ず手話のできるいとこが帯同しています。軽井沢の表彰式では韓国語のできる方に通訳をお願いして、手話[→]韓国語[→]日本語で優勝のスピーチをしていただいた時にはちょっとウルウルきました。その後兵庫チャレンジャーにも出場。手を振り合って握手とハグが、Duckhee Leeとの挨拶になっています。2017年の4月には自己最高ランキングを130位にまで上げましたが、現在は212位。全米オープンの予選はスキップして、今週行なわれている250のウインストン・セーラムに出場。予選を勝ち上がり、見事に本戦1回戦に勝利したことで、大いにクローズアップされることになりました。

【2017にアップされた、Duckhee Lee Uncovered 】

【テニスチャンネルが制作した特番がこちら】

インタビューでコーチが答えているのは「彼の最大の武器はメンタリティー」
お母さんとも微笑ましいデートシーンもなかな良い感じです。

【ATPの彼のページはこちら】
02.jpg
https://www.atptour.com/en/players/duckhee-lee/le01/overview
テニスマガジンオンラインでも、今大会での彼の活躍を紹介しています。
https://tennismagazine.jp/_ct/17296601/p2
次はグランドスラムの本戦だね。がんばって!陰ながら応援しています。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

ニック・キリオスが何をしたのか? [YouTube Tennis]

【シンシナティでのニック・キリオスの蛮行に関するATPの声明が発表されました】
01.jpg
ハチャノフとの2回戦で大暴れしたようです。

【オーストラリアのニュースに流れたキリオスの惨状】

「ピー音」で遮られることしばしばの、とんでもない発言が、そうとうあったようです。

【これに対してATPは「日本円で約1.200万円の罰金」を科しました】
02.jpg
https://www.atptour.com/en/news/kyrgios-cincinnati-2019
要約すると以下の通りです

「オーストラリア人に課される罰金を以下のように分類する」
水曜日の夜にシンシナティのウエスタン&サザンオープンで2回戦敗退したニック・キリオスには113,000アメリカドルの罰金を科しました。
以下は、キリオスが被った罰則の内訳を示しています。
●ボール乱用(警告)
●スポーツマンらしくない行為(ポイントペナルティ)– 20,000米ドルの罰金
●コートからいなくなった– 3,000米ドルの罰金
●わいせつな言葉を発した– 5,000米ドルの罰金
●スポーツマンらしくない行為– 5,000米ドルの罰金
●スポーツマンらしくない行為– 20,000米ドルの罰金
●言語的虐待– 20,000米ドルの罰金
●スポーツマンらしくない行為– 20,000米ドルの罰金
●スポーツマンらしくない行為– 20,000米ドルの罰金
本日発表されたオンサイトの罰金に加えて、ATPは試合中および試合直後に何が起こったのかをさらに調査し、「Player Major Offense」セクションで追加のアクションが必要かどうかを確認します。これにより、追加の罰金および/または停止が生じる可能性があります。

常々問題視されていた子どもっぽい部分を露呈してしまいましたね。
まあキリオスには反省なんて言葉はないでしょうから、これからどうなることやら?
せっかくワシントンDCで優勝したのにそれも台無しですね。
今後どのような裁定が下されるのか?ちょっとアンテナを立てておきましょう。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

アンディー・マレー、今度はお兄ちゃんとダブルスに [YouTube Tennis]

【シティオープンでは残念ながら準々決勝で敗退】
01.jpg
アンディ・マレーはシティオープンではお兄ちゃんのジェイミー・マレーとペアを組んでダブルスに出場。この大会でも多くの観衆を集めたようです。試合は全員がサービスゲームをノーダウンという大接戦。マッチタイブレークの7-10で敗れましたが、試合時間は何とファイナル・マッチタイブレークなのに1時間53分も。きっと面白かったでしょうね。

【シティオープンのダブルス1回戦のダイジェストです】

ふたり共に基本的なサーブアンドボレーですから、オールドファンにはたまらないポイントの連続。ジェイミーはサーブが良くなったんじゃないかな?まだちょっとダブルスのポイントは溜まっていませんが、このふたりの兄弟ダブルスでツアーファイナルに出場しようもんならファンはたまりませんな。このふたりとブライアンズの対戦が見たいと切に願います。

いや〜〜感動的なウィンブルドンが終わっちゃいました [YouTube Tennis]

【5時くらいまで眠りにつけないくらいの、久しぶりに興奮した試合でした】
001.jpg
https://www.wimbledon.com/
マッチポイントもあったのにね…。パパジャー(ロジャーのパパ)寂しそうでした。

【今年も楽しませていただきました/ベストショット集】


【期間中の面白場面集】


【そして涙なくして見ることができない、決勝のハイライト】

ロジャーさま、来年もやめないで、プレーを続けてください。

コメントは noblog@tennisfactory.co.jp  or  Call:03-3499-6160

マレーとセリーナのミックスが面白い [YouTube Tennis]

【ウィンブルドンでベスト16に進出しました】
01.jpg
イギリス国民が大喜びな、ダブルス復帰のマレー。2月に金属製の人工股関節を入れる手術を受け、約5ヵ月の戦線離脱を経てトーナメントに復帰。まずはよかった。

【2回戦のダイジェスト】

先々週のダブルスでも優勝しているマレーはダブルス巧者。デビスカップでもお兄ちゃんと組んでダブルスに出場し3連投の3勝で日本戦にも勝ったこともあります。シングルスではあまり見せないネットプレーも上手いので、このミックスはとても参考になります。セリーナさんも男性とのストロークで負けていないので、もしかしたら優勝しちゃうかも…。

【1回戦のダイジェスト】

マレーのディンクショットが素晴らしいこともありますが、このふたりのミックスをセンターコートの最後の試合に組み、観客も最後まで観戦し、勝利のあとにはスタンディングオベーション。こんな光景、過去にあったでしょうか。さずがウィンブルドンです。

股抜きショットの失敗事例 [YouTube Tennis]

【ATP Matchの面白い編集は“TENNIS TV”から】
01.jpg
https://www.youtube.com/channel/UCbcxFkd6B9xUU54InHv4Tig

【今回アップされたのは“股抜きショットの失敗事例集”笑えます】

やっぱりズベレフは「ぶきっちょ」だし、ラオニッチは反応が悪い。
楽しく見てみてください。

【おまけにダイブ集もご覧ください】

やはりダイブと云えば、ボリス・ベッカーとダスティン・ブラウン。
最近ではキリオスとシチパスもありですが、ディミトロフのダイブ後のリカバーな立て直しがカッコイイですね。懐かしのペルンフォルスも登場します。

フェリシアーノ・ロペスがロンドンで単複2冠を達成 [YouTube Tennis]

【37才のロペスがシングルスで優勝し、ランキングを60番上げる大快挙】
01.jpg
ツアー通算7勝目を上げたロペスさん。7大会のうち、4大会が芝生のコート。
このロンドンでは、2017年にも優勝している相性のいい大会のようです。

【アンディ・マレーと組んだダブルスでも優勝しました】
02.jpg
復帰戦と云えるかどうか分かりませんが、全豪以来の大会出場で見事戴冠。

【単複決勝のダイジェストをご覧ください】

いやいや本当に嬉しそうです。おふたりに「アッパレ!」です。

グラスコートシーズンが始まりました [YouTube Tennis]

【Tennis TVでも“グラスコートシーズン用に”さまざまな特集を出しています】
01.jpg
https://www.youtube.com/channel/UCbcxFkd6B9xUU54InHv4Tig
“Tennis TV”では上半期のベストマッチ特集の1部、2部もアップされました。

【ダイビングショット特集はこちら】

天然芝のコートでのダイブショットは芝生だけに見ていて安心です。

【グラスコートのスーパーショット集もアップされています】

やはり最後は、ロジャーさまの登場です。さあ、今年のウィンブルドンの栄冠は?

もうそろそろ“ティエム”で、いいんじゃない? [YouTube Tennis]

【トップ3の殻を破って、ティエムの優勝もテニスファンには楽しみじゃない?】
001.jpg
ドミニク・ティエムの経歴をおさらいしておきましょう。ティエムは、1993年、オーストリア・ニーダーエスターライヒ州ウィーナー・ノイシュタット生まれの25才。両親がテニスコーチという環境下に生まれ、6才でテニスを始め、2011年の全仏オープンジュニアで準優勝。12年にプロに転向しました。この年フューチャーズの3大会で優勝するなどして年末ランキングは309位。まずまずの出足です。翌13年にはチャレンジャー2大会で優勝し139位まで上げます。まずまずの20才。14年には全豪オープンで予選を勝ち上がり、マドリッドでは当時3位のワウリンカを破るなどして注目を浴び、オーストリアオープンではツアー初の決勝進出(ゴフィンに敗れる)などの活躍もあり39位まで浮上。15年にはニースでツアー初優勝を果たすと、この年3勝を挙げ、20位まで来ちゃいました。そして16年には全仏でベスト4に入り、ツアーファイナルに出場するところまで飛躍し、8位でこの年を終えました。そして現在までにATPツアーでシングルス13勝を挙げ、今や4位。そろそろグランドスラムの優勝もありでしょう。基本情報としての追加は身長185cm、体重79キロ、右利き、両サイド片手打ち。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス86位。現在までの獲得賞金額は、1ドル100円換算で、17億円弱でございます。ニックネームは“Domi”、得意なショットはフォアハンドで、好きなサーフェスはクレー。コーチはチリのニコラス・マスー(アテネ五輪の単複金メダリスト)。スキーのジャンプ競技を楽しみ、オーストラリアの軍隊に5ヶ月間の兵役(トーナメントには出場していた)もこなしたキャリアも持っています。そろそろティエムでいいでしょう!と、全仏優勝支援宣言です。

【オールラウンダーなのがティエムのプレーを面白くさせます】

12分というちょっと長い尺ですが、ティエムのユニークなポイントを“20-ショット”集めた動画集です。これを見るとティエム・マニアになること間違いありませんよ。

【フェデラーを越えた股抜きです】

今年の全仏では1回戦でトミー・ポールを、2回戦はパブリクを、3回戦はクエバスをそれぞれ4セットで破り、この動画のモンフィスと、準々決勝ではハチャノフをそれぞれストレートで下しての準決勝は、ノバク・ジョコビッチ。ファーストアップのセットオールで雨による中断です。そろそろトップ3以外の選手がグランドスラムに優勝するって云うシーンを見たいですね。それがティエムなら最高なんですが…。

Tennis TVで大会のキュートなシーンが… [YouTube Tennis]

【今週はローマで過去8回の優勝を誇るナダルをヘッダにデザインしました】
01.jpg
https://www.youtube.com/channel/UCbcxFkd6B9xUU54InHv4Tig

【こちらはモンテカルロでの楽しいひととき集】

選手の入場も何か決まりがあるんでしょうか?
ディミトロフとワウリンカのダブルス、見たかったですね。

【こちらはマドリッドでのキュートなショット集】

ボールボーイの悲劇はどんな大会でもあるようです。
モンフィスとキリオスは相変わらず騒々しいし、圭サンのグランドスマッシュは残念。

TENNIS TVがまた新しいコンテンツを作りました [YouTube Tennis]

【ONLY IN TENNISというカテゴリー分けショット集です】
01.jpg
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQHHr8gPOsH7QTEzRAeBF1ivDAroEG4Iw

【マッチポイントを凌ぐ/この1ポイント】

現在上がっているコンテンツは全部で8つ。どれも本当に面白い。

【コートの規格外からのショット集】

デミノーのコートカバーリング、やっぱりナダルとマレー、フェレールは足が速いし、モンフィスのアンティシペーションも凄い。是非ご覧ください。

おめでとう!ファビオ!マスターズ初優勝 [YouTube Tennis]

【フォニーニがモンテカルロでキャリア初のマスターズ優勝】
01.jpg
フォニーニはこの優勝で1.000ポイントを獲得。昨日発表のランキングで6位アップして、12位に浮上。ファイナル出場へのレースランキングでも7位になりました。彼にとって31才で迎える2019年は初、初づくしでロンドンでのプレーも見てみたいものです。

【決勝戦のダイジェストと表彰式での喜びの瞬間です】

得意のクレーコートで見事な体幹テニスを披露しました。テクニックも抜群でした。イタリアのデ杯監督のバラズッティ・コーチも、16年に結構したペンネッタ(15年の全米オープンチャンピオン)も大喜びでした。

【準決勝でナダルストレートで破る快挙です】

こんなふうにエースをとられるナダルを見たことない!このスコアはビックリです。
ハイドロゲンも似合っていましたが、アルマーニもいけてますね。

TVerに“エースをねらえ”がアップされました [YouTube Tennis]

【2004年にテレビ朝日で実写ドラマ化されたドラマです】
01.jpg
https://tver.jp/feature/f0033714
「エースをねらえ!」は集英社の「週刊マーガレット」で連載された山本鈴美香さんの漫画を原作に、テレビ朝日が制作した“スポ根ドラマ”。岡ひろみは上戸彩さんが演じ、9回の放映でした。現在アップされているのは3話までですが、最後は有明コロシアムで日本代表をかけた対戦までがストーリーになっています。宗方コーチには、若い内野聖陽さんで、スーモアとシリアスの対比が15年前のドラマらしい演出になっています。お見逃しなく!


ガブリエラ・サバティーニが最高の名誉を受賞 [YouTube Tennis]

【国際テニス連盟の最高の栄誉であるフィリップ・シャトリエ賞を受賞】
01.jpg
https://www.itftennis.com/news/303427.aspx
元国際テニス連盟会長のフィリップ・シャトリエさんにちなんで名付けられたPhilippe Chatrier賞は、1996年に創設され、コートの内外でテニスに多大な貢献をした個人または団体に授与されるもので、2006年に国際テニス殿堂入りしたサバティーニは、1990年に全米オープンで優勝し、1988年にソウルオリンピックで銀メダルを獲得し、自己最高ランキングは3位を記録しました。96年に27のシングルタイトルと、14のダブルスタイトルという成績を残して引退。
サバティーニは、スポーツに貢献し続け、18年のブエノスアイレス・ユースオリンピックでユニセフ、ユネスコ、スペシャルオリンピックス、そしてアスリートロールモデルとして活動しながら、テニスを促進し、世界中の子供たちを支援してきました。この賞は、6月4日にパリで開催されるITFワールドチャンピオンズディナーに授与されるそうです。

【永遠のライバルだったグラフとのエキシビションマッチ】

2004年の映像です。かわいらしかったですね。
前の20件 | - YouTube Tennis ブログトップ